いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』

2017年07月07日更新

いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』

自由を忘れない“いきものがかり”の山下穂尊が語る“心の解放区”。

年に1回僕たちは……【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.10(最終回)】

年に1回僕たちは……【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.10(最終回)】

僕たちは3人であまり話をしない。

と言うと語弊があるかもしれないが、たとえば暇だから今日呑みに行こうか、みたいなことは絶対にない。

元々仲良しだから集まったとい…

「じゃない方」の選択肢を持とう【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.8】

「じゃない方」の選択肢を持とう【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.8】

学校に通っていると、どうしても年齢というもので区切って考えがちだ。日本の教育や文化はとくにそういう“先輩後輩”みたいな上下関係を軸にするところがある。

旅に出て…

ゼロとイチの世界で割り切れないもの【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.9】

ゼロとイチの世界で割り切れないもの【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.9】

人の話を聞くのが好きだ。

とくに、上でも下でもいいのだが、自分とは年の離れた人の話を聞くと、それまで知ったふうに思っていたことが、じつは違うんだっていうことに気…

わかりやすいレールを外れた先に【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.1】

わかりやすいレールを外れた先に【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.1】

はじめまして。今回、連載を始めさせていただく「いきものがかり」の山下穂尊です。ここでは、今まであまり話してなかった自分のことや、個人的な想いなどをつらつらと語っ…

可もなく不可もない街に生まれて【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.2】

可もなく不可もない街に生まれて【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.2】

神奈川県海老名市と言われて、いったいどれくらいの人が具体的な何かを思い浮かべられるだろうか。たとえば横浜なら中華街とか山下公園、川崎なら工場地帯とか、横須賀なら…

そのスイッチを押せば…【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.3】

そのスイッチを押せば…【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.3】

武道館をはじめ、全国のアリーナや野外会場で、何万人ものお客さんが僕たちのライブを観てくれる。ありがたいことだ。



でも僕は、もともと人見知りだった。

基本的に人…

物語のはじまり【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.4】

物語のはじまり【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.4】

「どうして水野くんと一緒にやり始めたの?」

 いきものがかりでデビューして、公のインタビューでも、地元の友人からも、あとになってよく聞かれた。

 もちろん、小中…

カッコイイって何だろう?【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.5】

カッコイイって何だろう?【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.5】

大学の4年間で結果が出なかったら普通に就職だろうなと思っていた。それでダメだったら、ただの過信だったんだろうと。

結果、というのが何を表していたのか、じつは曖昧…

才能があるかどうかは誰にもわからない【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.6】

才能があるかどうかは誰にもわからない【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.6】

それまでろくにライブハウスでやったことのなかった僕らにとって、ワンマンライブはたしかに冒険だった。不安がなかったわけではない。しかし、勝算がないわけでもなかった…

僕の戻るべき居場所【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.7】

僕の戻るべき居場所【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.7】

「居場所」ということを中学の頃から考え始めるようになった。友達関係とか恋愛関係とか、それこそ歌詞を書くようにとりとめもない言葉をノートに書き殴っていた。そこには…

ページ上部へ戻る