“複数のキャンプ場を利用できるサブスク”が長野で誕生!月額4500円で借り放題

2020年10月8日 13:36更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

キャンプ場のサブスクリプションサービス「CAMP LIFER(キャンプ ライファー)」の申し込みが2020年8月20日よりスタートした。月額4500円(税込)で長野県内7つのキャンプ場を利用できる、キャンプ好き必見のお得なサービスだ。

キャンパーの聖地、南信州でキャンプを満喫しよう!


サービスの対象となるのは「銀河もみじキャンプ場」(長野県阿智村)や「こだまの森」(長野県木祖村)「四徳温泉キャンプ場」(長野県中川村)をはじめ、長野県内7つのキャンプ場。対象キャンプ場の平日営業日(※)に限り、月々定額で何度でも利用が可能だ。また、現在はサービスの試験導入期間のため、2020年9月から11月までの期間限定、3ヶ月通しでの利用が必須。そのほか利用にあたる条件や注意事項、申し込みなどについては、 公式サイト をチェックしよう。
※日曜日および連休最終日を含む。日曜日が連休中日の場合は含まない

【写真】「日本一の星空」が鑑賞できる阿智村のキャンプ場も参加

リモートワークの場としても最適


●CAMP LIFER / 期間:2020年9月~11月、8月20日より申し込みスタート / 会場:千⼈塚公園キャンプ場(飯島町)、こだまの森(⽊祖村)、銀河もみじキャンプ場(阿智村)、四徳温泉キャンプ場(中川村)、せいなの森キャンプ場(阿智村)、おおぐて湖キャンプ場(下條村)、⼸の⼜キャンプ場(阿智村) / 料金:月額 税込 4500円

※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。  
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

特集

ページ上部へ戻る