「中島大祥堂」が大丸梅田店にオープン!丹波の恵みを味わえる限定タルトも

2020年12月8日 07:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11月18日、大阪市北区の大丸梅田店に「中島大祥堂 大丸梅田店」(なかじまたいしょうどう だいまるうめだみせ)がオープン。丹波の里山で実った栗や黒豆、黒ごま、大納言小豆などを使い、素材本来の味を生かしたお菓子を取りそろえる。

1912(大正元)年に大阪市都島区で創業(現本社は八尾市)した菓子ブランド


2015年に旗艦店となる丹波本店(兵庫県丹波市)、2018年に初の百貨店店舗「髙島屋大阪店」、2019年に「大丸心斎橋店」、2020年6月に関東初「六本木ヒルズ店」を展開。今回はキタエリア初出店となり、JR大阪駅から徒歩1分という好立地で利用しやすいのも魅力だ。

江戸時代に織田藩の家臣と、その家族の住居として建てられた古民家を再建した丹波本店。特徴的な「茅葺き屋根」は人気スイーツ「かやぶき」のモチーフに


限定菓子は店内の厨房で焼き上げる!


株式会社中島大祥堂のマーケティング部で商品企画を担当する堀内麻衣さんに、大丸梅田店に出店したきっかけや魅力を聞いてみると、「今回オープンした『大丸梅田店』は、念願のキタエリア進出です。ポイントは、関西の百貨店では初の店内厨房を備えたことです。厨房は店舗の奥にあり、そこで丹波栗が1粒入ったパイ『くりまる』や、大丸梅田店限定『丹波栗と紅はるかのタルト』を時間、数量を限定して焼き上げています」とのこと。

丹波の原風景を感じさせる組子のあしらいが目印


丹波栗と紅はるかの素材そのものの風味が楽しめる


続いて堀内さんに、イチオシのお菓子を5つ教えてもらい、その味わいや食感、オススメの食べ方などを聞いてみた。

1つ目は、大丸梅田店のために考案された、全国ではここだけでしか買えない新商品「丹波栗と紅はるかのタルト」。

大丸梅田店限定「丹波栗と紅はるかのタルト」1個¥465(税込)


「丹波栗と紅はるかのしっかりとした甘味がうれしい、サックリ、ホロッとしたタルトです。タルト生地は自家製で、1つずつ丁寧に生地からお作りし、風味豊かに香ばしく焼き上げています。上には丹波栗と紅はるかをトッピングし、タルト生地とも好相性。ゴロッとした素材とサクッとした生地は食べていてワクワクします」

丹波栗を贅沢に丸々1粒使った魅惑のお菓子


2つ目は、栗や芋をふんだんに使った「くりまる」。

丹波栗が1粒入ったパイ「くりまる」1個¥594(税込)


「『くりまる』は、丹波栗が丸々1粒入ったボリュームたっぷりのお菓子です。外はサクッとした食感と中は栗のしっとりとした甘味が楽しめます。オススメの召し上がり方は、ご自宅のオーブンで少し温めていただくとパイが一層サクッとし、さらにおいしく味わえます!疲れたときの癒しのおやつとしても最適です。コーヒーと一緒にお召し上がりいただき、くつろぎの時間をお過ごしください」

手土産にも重宝する素朴な味わいの焼菓子


3つ目は「いもくり」。丹波栗と甘みのあるなると金時芋を使い、素材のおいしさが楽しめると、幅広い層に人気だ。

「いもくり」1個¥195(税込)、3個入り¥702(税込)、6個入り¥1404(税込)、12個入り¥2700(税込)、18個入り¥3996(税込)


「なると金時芋と丹波栗を丁寧に裏ごしした、しっとりした食感の風味豊かな焼菓子です。甘過ぎない素材本来の味わいがどの世代からも愛され、お茶請けにもオススメです。また3、6、12、18個入りをご用意しているので、ビジネスシーンでのご利用や、旅行のお土産にも最適です。3個入りのパッケージは栗の形をしており、見た目もかわいいので、そのままお渡しして喜ばれること間違いなし!6個入りなどは帰省土産にご利用いただくことが多く、帰省先や職場でも分けやすいとご好評をいただいおります」

丹波三宝を引き立てる素材との独創的なコラボ


4つ目は丹波栗、丹波黒豆、丹波大納言小豆の3種の味わいがそろう「丹波パウンドケーキ」。

「丹波パウンドケーキ」丹波栗1個¥378(税込)、丹波黒豆1個¥324(税込)、丹波大納言小豆1個¥303(税込)、詰め合わせ4個入り¥1599(税込)~


「丹波三宝と言われる丹波栗、丹波黒豆、丹波大納言小豆を使い、それぞれの味を引き立てる素材を組み合わせた、オリジナルのおいしさが楽しめるパウンドケーキです。丹波栗×ドライいちじく、丹波黒豆×青梅、丹波大納言小豆×桜の葉&くるみと、丹波三宝と相性のよい素材を考え抜いた、作り手の思いも感じていただけます。パウンドケーキの断面からたっぷり丹波素材が見えるのも特徴的で、贈り物としても喜ばれる一品です」

栗の上品な味や香りに玄米メレンゲの食感がよく合う


そして5つ目は、丹波栗を贅沢に使用したモンブラン「かやぶき」。玄米メレンゲで作る土台はやさしく繊細な食感に仕上げている。

「かやぶき」1個¥864(税込)


「丹波本店の茅葺き屋根をモチーフにしたスペシャルなモンブランで、上のモンブランクリームには丹波栗のみを使用。土台には玄米パフを入れたメレンゲを焼き上げ、チョコレートでコーティングしております。土台の上に乗せるクリームは、主役のモンブランを引き立てるためにあえて甘さを控えめに。

しっとりとしたモンブランクリームとサクッとしたメレンゲ菓子に、玄米のザクッとした食感が絶妙なアクセントになっています。モンブラン好きの方にはぜひお試しいただきたい自慢のケーキです!また、大きめで切りやすいので、シェアもしていただけます」

コーヒーブレイクのお供や手土産、そして自分へのご褒美にしたいスペシャルなスイーツと、いろんなシーンに合うお菓子が並ぶので、ぜひ店舗へ足を運んでチェックしてみて。

取材・文=下八重順子

※価格はすべて税込です。
※写真はイメージです。内容の変更やなくなり次第終了する場合もあります。
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る