もはやアジアを代表するシューターだ!12月のシーホース三河月間MFP選手は金丸晃輔選手!

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

12月に行われたシーホース三河の試合を振り返り、東海ウォーカースタッフが独断で選ぶ月間MFP選手。MFPとは「MOST FIGHT PLAYER」の略で、「アリーナを最も熱く燃えさせた選手」に贈る賞のこと。今回は文句なしの活躍を見せてくれた日本を代表するシューター、金丸晃輔選手を選出したい。

試合中はクールで知られる金丸だが、実はベンチにいるときは笑顔を見せることが多い


「もっと打つ!」を有言実行!12月だけで191点を記録!

今シーズンの開幕前、金丸はこう話していた。「昨シーズンは3Pシュートのアテンプト(試投数)が自分でも驚くくらい低かった。もちろん、相手が研究してきたこともあると思います。これはシューターとして反省点。今シーズンはチャンスがあれば積極的に打っていきたい」と。誰もが認める天才シューターが、これまで以上に積極的にシュートを打つと言う。この発言を耳にした相手チームは「おいおい、やめてくれ…。大人しくしてくれ」と不安に思っただろう。

さて、金丸は宣言どおり、ここまでリーグ7位となる160本の3Pシュートを打っている。驚くのは成功率。なんと50.6%を誇り、2本打てば1本は入る確率で3Pシュートを決めているのだ。さらに1試合の平均得点は16.5点で、日本人選手の中では堂々のランキング1位。特に12月は1試合を除いたすべての試合で二桁得点を記録している。まだまだ外国籍選手の活躍が目立つBリーグだが、12月の成績だけ切り取ればトップ5に入るほど得点している。金丸の活躍もあって、シーホース三河は西地区の首位を走る。やっぱりともいうべきか、相手チームからすると恐れていたことが現実となった。あっぱれ金丸晃輔(※数字はすべて1月14日現在のもの)。

フリースローを外すだけで「ええっ!」とファンは驚く。金丸ならではの現象かも

勝利したゲームで、活躍した選手が登場するヒーローインタビューの常連。おそらく選出回数はチーム最多だ


「シュート力は、あのNBAの名選手と同じレベル」と同僚が評価

金丸のシュート力は驚異的で、ファンからは「変態」と表現されることもあるほど。ただ、我々が目にするのは試合中の姿だけ。普段から間近で金丸のプレーを見ている選手たちは、そのすごさをさらに実感しているはずだ。NBAのプレー経験もあるチームメイトのカイル・コリンズワースは、彼のシュート力について「晃輔のシュート力には驚いた。一緒にプレーしてきた中で、ダーク・ノビツキーと並んで、最もシュートがうまい選手だと感じた」と評価している。ダーク・ノビツキーは欧州出身選手で初めてNBA最優秀選手賞に選ばれた元NBAプレーヤーで、そんな名選手と肩を並べるほどのシュート力という。間違いなくBリーグでは頭ふたつほど飛び抜けている。

パスを受けてからすぐに放つキャッチ&シュートや相手と距離を作って放つステップバックシュートなど、金丸はさまざまなテクニックで楽しませてくれる。昨シーズンは65本連続でフリースローを成功させ、こちらもファンの度肝を抜いた。シュートだけで客を呼べる、観客を夢中にさせられる数少ないピュアシューター金丸晃輔。「日本を代表するシューター」ではなく、もはや「アジアを代表するシューター」と言っても差し支えないはず。これからも驚きのシュート力でBリーグを盛り上げてもらいたい。

私服姿を公開!釣りが大好きで、オフシーズンは釣りざんまいとのこと

金丸選手の活躍もあり、チームの雰囲気も抜群。今シーズンのシーホース三河、かなりイイ感じ!


金丸選手のMFP受賞を記念して、金丸選手の私服ポスターを作成!東海ウォーカー編集部Twitterのアカウントをフォローし、『#金丸選手12月MFPおめでとう』をつけて、この記事を拡散してくれた人の中から1名の方に、本人直筆のサイン入りポスターをプレゼント(1月25日(月)23時59分締切)!

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る