NMB48白間美瑠×南羽諒「マイナス思考になるときは自分のがんばりが足りないとき」

2021年6月17日 22:28更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
『みるみる道場』今回は、NMB48南羽諒(左)×白間美瑠(右)(C)NMB48

NMB48からの卒業を発表した白間美瑠が、メンバーとの対談に挑むリレー連載『みるみる道場』。メンバーからのお悩み&質問に、誰よりも熱い難波愛&難波魂を持つ白間が“気合”と“根性”をキーワードに答えていく。6月16日(水)リリースの25thシングル『シダレヤナギ』の発売まで、カウントダウンしながら盛り上げる。

【写真】NMB48白間美瑠が南羽諒の悩みに答える『みるみる道場』(C)NMB48


『みるみる道場』NMB48白間美瑠×南羽諒

今回は、ドラフト3期生の南羽諒(みなみ はあさ)が登場。

「羽諒は、やっぱり見るところが違う」(白間)(C)NMB48


「最初の印象と真逆。今はつっこみどころ満載(笑)」(白間)

【南羽諒】私、オーディションのときに書いた「目標にしているメンバー」が、美瑠さんだったんです。「AKB48 SHOW!」で絵を描いてたと思うんですけど、あのコーナーがめちゃくちゃ好きで。私も、あんなふうに面白い人になりたいと思ったんです。

【白間美瑠】えー!あの「みるみる美術館」!?あれを覚えてるのは相当マニアックやで(笑)。

【南羽諒】これ、初めて言ったかもしれない(笑)。

「どんなことにもチャレンジしようと思っています」(南)(C)NMB48


【白間美瑠】初めて聞いた~(笑)。しかも後輩から、あのコーナーを見て憧れたと言われたのも初めて。羽諒は、やっぱり見るところが違うなぁ。つっこみどころ満載やな(笑)。最初はストレートにまじめな子やと思ってたから、こんなに笑いに貪欲な子やとは思わんかった。最初の印象と真逆やわ。

【南羽諒】考えてることが変とか、面白いと言われるのは褒め言葉やと思ってるので、すごくうれしいです!

【白間美瑠】羽諒とは「NAMBATTLE」で同じチームになって、いっぱい喋るようになったな。こんな子なんやとびっくりしたもん。いつでもウケたいという気持ちがある。去年、かまいたちさんと一緒にやった特番(「かまいたち×NMBのいい記事なってんね~!」)でのロケも、川に楽しそうに飛び込んでいってて(笑)。根性あるなって。バラエティ力がすごい!

「あのコーナーを覚えてるのは相当マニアック(笑)」(白間)(C)NMB48


【南羽諒】どんなことにもチャレンジしようと思っているんです。ほかの人が怖いとか、苦手だと言ってるものを自分がどんどんやっていったら、すごいと思ってもらえるかなと。またひとつ自分の個性になるかなと考えてやっています。でも、あのときのロケは単純にすごく楽しかったです(笑)。

【白間美瑠】羽諒は、そうやっていつも笑顔なのもすごい。「NAMBATTLE」は公演中に審査が入っていたから私も少し緊張してたんやけど、羽諒の笑顔を見たら緊張がほぐれた。「がんばろう」と背中を押してもらえたときがあったから。羽諒は、場の空気を変えてくれる存在でもあるな。

【南羽諒】そんなことを美瑠さんに言ってもらえるなんて!もうやったー!という感じです!

「羽諒はめっちゃ考える子やもんなぁ」(白間)(C)NMB48


南羽諒のお悩み「フロントに立つと、いつもの自分が出せなくなる」

【南羽諒】ポジションが前にいくほど、自信がなくなってきて、いつもの自分が出せなくなるんです。

【白間美瑠】「私がなんでこの場所?」と思わないで、この位置は私のもの、楽しもうという気持ちだけを持つようにしてみたら?センターやフロントに立って、どう思われてるんやろうとか、ここで振りを間違えたら全部が台無しになっちゃうとか、考えちゃうのも分かるけど…。羽諒はめっちゃ考える子やもんなぁ。そこが唯一、マイナスな部分かな。楽しんじゃえばいいのに!と思う。

【南羽諒】そうなんですよ。めっちゃ考えちゃうんです。

「重くならずにポジティブにいこう!」(白間)(C)NMB48


【白間美瑠】あとは、もう練習。みんなに言ってるけど、自分が満足するまで練習することが自信に繋がるから。練習量は裏切らない(笑)。

【南羽諒】美瑠さんを見ているとめっちゃ思います。ホンマ練習やなって。でも、本番になるとマイナスの考えでいっぱいになっちゃって。

【白間美瑠】考えすぎると、いつもできるところで間違えちゃったりするよな。

「もっと気楽にいきます!」(南)(C)NMB48


【南羽諒】美瑠さんって、マイナス思考になることはあるんですか?

【白間美瑠】あんまりないけど、考え方がマイナスになっているときは気持ちがだらけているとき。がんばりが足りないんやと思うことにしている。

【南羽諒】そうやってひとつ、軸になるものを心に持っていたら余計なことを考えなくなるのかもしれない。私も自分の軸になるものを探してみます。

「場の空気を変えてくれる存在でもあるな」(白間)(C)NMB48


「重くならずにポジティブにいこう!」(白間)「美瑠さんと話していると前向きになります」(南)

【南羽諒】もうひとつ相談があるんですけど、選抜に復帰するには何が足りないと思いますか?

【白間美瑠】自信と強さかなぁ。ガムシャラにがんばっていて、まじめさもあって、ちゃんと努力もできる子やから、あとは力強さ。「選抜に入りたい」「もっと前に行きたい」と声に出す強さが足りないのかなと思う。

【南羽諒】自己プロデュースが苦手なのも、ずっと悩みなんです。SNSもどのくらいやったらいいんやろうって。

【白間美瑠】SNSはできるだけやったらいいと思うよ。

【南羽諒】やりすぎてうざがられないかなって。

「楽しもうという気持ちだけを持つようにしてみたら?」(白間)(C)NMB48


【白間美瑠】うざいわけないやん(笑)。羽諒のことが好きな人は、いつでも羽諒に元気をもらえるんやから。投稿数が多くなればなるほど、いろんな人の目に留まりやすくなるし。やるからにはどれだけ多くてもいいと思う。そういう小さい積み重ねも大事。今回の「NAMBATTLE」では、スタッフさんからも「羽諒は成長した」と言われてたやん?それは自分の努力の結果やから。SNSも同じように考えたらいいと思うな。重くならずにポジティブにいこう!ポジティブ!言ってみて!

【南羽諒】ポジティブ!…これ、なんの儀式ですかね(笑)。

【白間美瑠】あはは(笑)。でも、ホンマに後輩は自信のない子が多くて心配になる。人とは違う輝くものがあるからNMB48に入れたんだって、自信を持つべきなのに。

【南羽諒】逆なんですよ。入ったあと、すごいメンバーばかりで自分は何もできてないと思うんですよ。

【白間美瑠】自分にないものを持ってる子がいるように、自分だけが持ってるものは絶対あると思うから、そこを見つけて伸ばしていけたらいいな。羽諒やったら、ガムシャラさ。なんでも真剣に取り組むところは羽諒だけのものやと思う。あと、その笑顔も好きやで。

「本番になるとマイナスの考えでいっぱいになっちゃう」(南)(C)NMB48


【南羽諒】ありがとうございます。あの、また一個モヤモヤが出てきて…。笑顔もよく褒めてもらえて、うれしいんです。でも、言われるたびに「笑顔か…」って。自分はそれしかないのかなって。

【白間美瑠】もうネガティブすぎるやろ。褒められてるんやから素直に受け取ればいいのに!

【南羽諒】笑顔は、もともと持っているもので自分が努力して得たものじゃないから。自分のがんばりじゃないなと思ってしまうんです。

【白間美瑠】持って生まれたものが魅力的なのは、それだけで武器やで。しかも、パワーに満ち溢れた笑顔なんやから。そこには、これまでの経験も表れてるんやない?深く考えすぎ。もっとバカになろう。バカになることも大事!

「私のポジティブさを羽諒に渡していくな」(白間)(C)NMB48


【南羽諒】美瑠さんのポジティブ対私のネガティブみたいになってきてますよね(笑)。もっと気楽にいきます!

【白間美瑠】そう!ワロタピーポーやで(笑)!

【南羽諒】美瑠さんと話してると前向きになります。そんな美瑠さんが卒業しちゃうと思うと、すごく寂しいんですけど…。先輩方がどんどん卒業していって、私たちドラフト3期生もそろそろホンマにちゃんとしないとダメだと思うので、もっとがんばります。

【白間美瑠】がんばろうという気持ちはめっちゃ伝わってくるから。強い羽諒に生まれ変われるように、私のポジティブさを羽諒に渡していくな。

白間美瑠(MIRU SHIROMA)、ニックネーム:みるるん、1期生、生年月日:1997年10月14日、B型、大阪府出身(C)NMB48

南羽諒(HAASA MINAMI)、ニックネーム:はあさ、ドラフト3期生、生年月日:2001年4月2日、A型、大阪府出身(C)NMB48

6月16日(水)発売のNMB48 25thシングル「シダレヤナギ」アーティスト写真(C)NMB48

通常盤Type-A(C)NMB48

通常盤Type-B(C)NMB48

通常盤Type-C(C)NMB48

劇場盤 白間美瑠のソロ曲「いつもの椅子」が収録される(C)NMB48

卒業記念写真集『REBORN』/屋久島の幻想的な環境に身を置いて、深い感情表現で自分の全てを魅せている。カメラマンはアンディ・チャオ。2021年7月7日(水)発売(C)アンディ・チャオ

取材・文=yoshimi 構成・取材協力=野木原晃一

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

ページ上部へ戻る