【NMB48 衣装図鑑】『高嶺の林檎』山本彩着用の衣装を徹底解説!宇宙柄の生地の中に実はヒョウがいる!?

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

大阪・なんばを拠点に活動する「NMB48」。かわいいだけでなくお笑いもこなす親しみやすいアイドルグループとして、2023年には結成13年目を迎え、メンバーたちはバラエティタレントにモデル、グラビアアイドルなど、あらゆるジャンルの前線で活躍している。

そんなメンバーの個性を彩ってきたのが、オリジナルの衣装たち。この記事では、その多種多様な形や色、制作の裏話をご紹介!NMB48の衣装デザインからスタイリングまでを担当する松永麻里さんにたっぷりとこだわりを語ってもらう。

月替わりで登場する案内人は、TikTokで「NMB48衣装図鑑」と称して衣装の細部や着脱方法を紹介しているれいこちゃん(前田令子)、将来は“自分のブランドを持つ”という夢を抱き、メンバーの衣装作りも経験したことがあるかれんたん(原かれん)の2人。一体どんな制作エピソードが飛び出すのか?第8回はかれんたんが案内人を担当する。

LEDライトで光るのが特徴の『高嶺の林檎』MV衣装。かれんたんがそのこだわりに迫る!


全身で宇宙を表現!唯一無二の“光る衣装”

まずは、松永さんによる衣装紹介!9枚目のシングル『高嶺の林檎』のMVに登場するのは、幻想的な光を纏った華やかな衣装。

山本彩着用の『高嶺の林檎』の衣装


「“宇宙”がコンセプトだったので、メンバー1人ひとりの無限の可能性を“小宇宙”として衣装で表現できればと思い、NMBらしい豹柄生地の上に宇宙柄や惑星を全面にプリントしました。こちらも撮影日までタイトなスケジュールでしたが、この宇宙柄プリントの上にどうしても星をイメージしたLEDライトを360度装飾したくて…。初めてのことでいろいろと何度も試行錯誤しながら、撮影時間ギリッギリまで制作させてもらっていた衣装です。実はLEDライトのために、合計18本の電池が衣装に仕込まれているので、少しだけ重くなっています(笑)。その分、ワンピースとコート生地には薄くて軽い素材のものを使用しました。ワンピースはブルーベースとピンクパープルベースの2パターン。コートの生地はワンピースのLED(光の反射)との相性を考えていろいろと探したところ、オーガンジー素材の中でもかなり薄手な、グラスオーガンジーがイメージにぴったりでこちらを採用しました。透明度が高くガラスのようなつややかな光沢感があり、そしてなめらかな手触りながらもしっかりとしたハリコシのある生地なので、かなり激しいダンスにも耐えてくれる優秀な“推しの生地”です(笑)。また、デザインは襟のデザインを3タイプに分けました。みるきー(渡辺美優紀)が着ているものは丸くてかわいらしいイメージ、あかりちゃん(吉田朱里)はオープンショルダータイプ。フロントメンバーはラペル(下襟)やベルトの装飾を多めに。ブーツの装飾も、本番直前までさせていただいてましたね」

散りばめられた光でさらに幻想的に

ラペルの装飾はメンバーによって異なる。コートはメンバーの個性に合わせて3種類

もう1種類の生地は、ピンクパープルがベースでキュートな雰囲気


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全30枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!花火大会人気ランキング

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る