【東京1Dayトリップ】銀座で“和”な1日コース

2017年9月26日 12:15更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

見どころ&遊びどころ満載の東京を、たった1日で満喫するなら、プランを決めて移動方法をチェックしてからGO! 王道から弾丸まで、10コースをご提案。今回は銀座で日本らしい「和」を巡るモデルコースを紹介しよう。歌舞伎から抹茶スイーツ、和食で和を楽しもう!【トータル5時間30分】

<1>歌舞伎座の当日券「一幕見席」をGET


まずは一幕だけ見られる一幕見席のチケット(1人1000円から※未就学児不可、価格は公演により異なる)を買おう。販売時間は歌舞伎座の公式サイトを参照。

【↓次のスポットへは徒歩5分】

<2>ミシュラン獲得店「ぎんざ一二岐」でお得ランチ


ランチの「カツオのわら焼き膳」(1620円)は、全9品と充実の内容! 自家製揚げ胡麻豆腐やアイスも付いている


6回連続で掲載されている実力店で贅沢ランチ。昼の膳は1404円からとリーズナブルなのも魅力で、名物のカツオのわら焼きも楽しむことができる。

【↓次のスポットへは徒歩5分】

<3>いよいよ歌舞伎体験! 「GINZA KABUKIZA」歌舞伎座へ


【写真を見る】外国人観光客も多く訪れる歌舞伎座。5Fには無料の屋上庭園がある


歌舞伎座タワーB2にはさまざまな店が並ぶ木挽町広場もあり、みやげ選びだけでも楽しい。

【↓次のスポットへは徒歩8分】

<4>「銀座 若松」で休憩


見た目も美しい「元祖あんみつ」(950円)は昔ながらの味


あんみつ発祥のお店。看板の「元祖あんみつ」(950円)は、なめらかなあんこやこだわりの寒天など職人技が光る。みつ豆や豆大福などの甘味も。

【↓次のスポットへは徒歩2分】

<5>「東京鳩居堂銀座本店」で和雑貨を


店は1663(寛文3)年に京都の薬種商として開店。ノートや便せんなど、手ごろなステーショナリーも多数


300年続く和紙製品の専門店。多彩で上品な品々は、大人の東京みやげにもうってつけ。

【↓次のスポットへは徒歩2分】

<6>日本食がテーマのGINZA SIXのフードホール「銀座大食堂」へ


寿司や天ぷら、和牛など日本のグルメが勢ぞろい!


GINZA SIX 6Fのフードホール「銀座大食堂」。8つの専門店が連なる小路と、カジュアルな“おかもちエリア”で構成。寿司や天ぷらなど、日本のグルメが勢ぞろいしている。【東京ウォーカー】

編集部

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る