【宮城・仙台】「中華そば」の原点がここに。製麺屋の歴史と心意気に迫る

2017年10月28日 20:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

八戸で創業、東北のラーメン発展に大きく貢献した製麺所「熊さん」が、自らの原点ともいうべき味わいを提供する店「中華そば 三太 春日町店」。軽く波打つ細麺に鶏と煮干しでとった超あっさりスープは、まさに王道の中華そばだ。かんすいを使わない太麺にも変更できる。

エントランス入ってすぐには、入り口には八戸名物のバナナサイダーや駄菓子、お土産ラーメンセットの販売コーナーも

エントランス入ってすぐには、入り口には八戸名物のバナナサイダーや駄菓子、お土産ラーメンセットの販売コーナーも

すべての画像を見る(5件)

めんま中華(790円)

【写真を見る】「めんま中華」(790円)の美しく配されためんまは、シャキシャキ、コリコリと小気味よい歯応え

【写真を見る】「めんま中華」(790円)の美しく配されためんまは、シャキシャキ、コリコリと小気味よい歯応え

美しく放射状に配されためんまは、シャキシャキ、コリコリと小気味よい歯応え。じんわりと味が染みたモモ肉のチャーシューも、どこか懐かしい味わい。

■ラーメンデータ<麺>細・角・ウェーブ/製麺所:自家製麺・180g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=鶏油/濃度:あっさり/種類:丸鶏・魚介(煮干)

主役級に旨い、手仕込みめんま

時間をかけてじっくり戻し、炊く時間にも細心を図る、主役級に旨い、手仕込みめんま

時間をかけてじっくり戻し、炊く時間にも細心を図る、主役級に旨い、手仕込みめんま

塩漬けの塊を時間をかけてじっくり戻し、三枚におろして細く刻む。炊く時間にも細心を図り、歯応えと香りよろしい「三太」流めんまが完成するのだ。

ワンタン麺(790円)

皮のおいしさを追求したワンタンは透けるほどに薄く、ツルツルもっちり

皮のおいしさを追求したワンタンは透けるほどに薄く、ツルツルもっちり

製麺屋ならではのもうひとつのファクターが、皮のおいしさを追求したワンタン。透けるほどに薄く、ツルツルもっちりしている。

八戸と仙台、ふたつの街の懐かしき風景写真が店内を彩る

八戸と仙台、ふたつの街の懐かしき風景写真が店内を彩る

「幅広い年齢の方に喜んで戴ける味を目指しています」と話す店長の早坂なつみさん。店内は、八戸と仙台、ふたつの街の懐かしき風景写真が彩り、入り口には八戸名物のバナナサイダーや駄菓子、お土産ラーメンセットの販売コーナーもあり、味だけでなく店作りにもその気持ちが表れている。【ラーメンウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る