【福岡酒場放浪記】“深夜食堂”にも登場!絶品料理を日本酒・自然派ワインとともに「町屋 あかりや」

2018年1月9日 20:40更新

九州ウォーカー 上村敏行

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

女性店主が作る家庭料理を日本酒、ナチュラルワインと合わせて楽しめる小バコ店「町屋 あかりや」(福岡市中央区)。東京・町屋で営んでいた店を移転する形で、2016年10月、地下鉄赤坂駅近くにオープンした。

店主・畑麻由子さん(写真右)が優しい笑顔で迎える。日本酒も豊富にそろう

店主・畑麻由子さん(写真右)が優しい笑顔で迎える。日本酒も豊富にそろう

すべての画像を見る(7件)

懐かしい家庭料理が待っている

漫画「深夜食堂」の作者・安倍夜郎氏は東京にあった前身店からの常連で、店内には安倍夜郎氏のサインやイラストが飾られている。また、「長イモのソテー」(500円)など同作に登場したメニューもある。

【写真を見る】漫画「深夜食堂」にも登場する人気メニュー「長イモのソテー」(500円)。イモの味を活かしたシンプルな味付けでシャキシャキ食感

【写真を見る】漫画「深夜食堂」にも登場する人気メニュー「長イモのソテー」(500円)。イモの味を活かしたシンプルな味付けでシャキシャキ食感

他にも、「ポテトサラダアンチョビのせ」(500円)や「若どりの唐揚げ山椒風味」(1個300円)など、九州の素材や調味料でやさしい味わいに仕上げた“我が家のおかず”的メニューがそろう。さらに、具だくさんの「深夜食堂の豚汁」(大600円、小400円)のご飯セットでガッツリと腹ごしらえもできる。

「若どりの唐揚山椒風味」(1個300円)、「深夜食堂の豚汁」(大600円、小400円)。豚汁は具沢山でつまみにもシメにもいい

「若どりの唐揚山椒風味」(1個300円)、「深夜食堂の豚汁」(大600円、小400円)。豚汁は具沢山でつまみにもシメにもいい

店内は吊り下げ照明、木テーブルの温かみのある雰囲気で、料理と合わせ気さくな店主・畑麻由子さんの笑顔にも癒される。料理・接客・空間と“癒し”のある小バコ酒場に、ぜひ寄ってみてほしい。

ステンドグラスがあしらわれた引き戸から店内へ

ステンドグラスがあしらわれた引き戸から店内へ

店は地下鉄赤坂駅近くの裏通りに建つ

店は地下鉄赤坂駅近くの裏通りに建つ

[町屋 あかりや]福岡県福岡市中央区赤坂1-10-7 スコーレ赤坂1F / 092-781-1388 / 18:00~24:00(LO23:00) / 日曜、祝日休み

【九州ウォーカー編集部/取材・文=上村敏行(J.9)、撮影=菅祐介】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る