肉がウマすぎる東京都心のハンバーガー6選

2017年11月20日 22:39更新

東京ウォーカー ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

おいしい肉にかぶりつきたい。皆さんも一度はそう思ったことがあるはずだ。そんな欲望を満たしてくれるのがハンバーガーである。そこで今回、11月29日の「いい肉(1129)の日」に向けて、パティ自慢のハンバーガーを6店舗セレクト。肉好き、ハンバーガー好きの人は必見だ!

アンガスビーフ100%大人のピリ辛バーガー「Shake Shack 新宿サザンテラス店」

スモークシャック(950円)

スモークシャック(950円)

すべての画像を見る(6件)

ニューヨーク発のハンバーガーレストランの4店舗目が夏にオープン。ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のハンバーガーやホットドッグで人気。スモークシャック(950円)は、味はピリ辛で、大人向けだ。チーズをのせたパティとアップルウッドでスモークしたベーコン、チェリーペッパー、シャックソースをポテトバンズでサンド。

パティは焼き方が選べ、ステーキの域!「MUNCH’S BURGER SHACK(マンチーズバーガー シャック)」

ベーコンチーズバーガー(1500円)

ベーコンチーズバーガー(1500円)

テーマはバーガー=肉料理。上質のUSビーフを塊から筋引きし、機械でなく包丁で切って肉の味を立たせ、ソースも手作り。パティの焼き方もミディアムなどから選べる。ベーコンチーズバーガー(1500円)は、USビーフ100%つなぎなしのステーキのようなバーガー。レタスを折るなど細部にもこだわりが感じられる。

日本の“UMAMI”を逆輸入! 「UMAMI BURGER 青山店」

TERIYAKI SAMURAI BURGER(1706円)

TERIYAKI SAMURAI BURGER(1706円)

アメリカ、タイム誌の「史上、最も影響力のある17のバーガー」にも選出されたLA発ハンバーガーレストラン。日本人の味覚に合わせて厳選された商品のほか、日本限定メニューも登場!TERIYAKI SAMURAI BURGER(1706円)は、甘いテリヤキソースを絡めたパティとフライドエッグやアボカド天ぷらなどを一緒に挟み、味噌マスタードを隠し味として加えた新商品だ。

チリ、サルサなどの辛味ソースにサワークリームの酸味が絶妙「MAD BURGER 渋谷店」

メキシカンバーガー(1670円)

メキシカンバーガー(1670円)

埼玉県行田市の行列の絶えないバーガー店の2号店。肉汁したたる約15〜20種のオリジナルバーガーのパティ、ベーコン、ソースはすべて自家製だ。メキシカンバーガー(1670円)は、ハラペーニョ入りのスパイシーなソースがたっぷりで、刺激的な味わいだ。

ふわふわバンズに厚みたっぷりの肉「Reg-On Diner」

ガーリックバルサミコバーガー(1100円)

ガーリックバルサミコバーガー(1100円)

そびえ立つような高さを誇る、ビジュアルの美しい約25種のバーガーを提供。野菜の量が多めなのもポイントが高い。店主あこがれのアメリカのダイナーを意識した店内の雰囲気も最高だ。ガーリックバルサミコバーガー(1100円)は、柔らかなパティは粗挽き肉と中挽き肉を絶妙にブレンド。

トリプルパティの厚みがすごい「ウーピーゴールドバーガー」

シャルロットゲンズバーガー(1590円)

シャルロットゲンズバーガー(1590円)

赤身肉と牛スジをミックスさせた炭火焼きパティが肉々しい!十勝産スモークとベーコンのケビンベーコン(1340円)など、ハリウッドスターの名前にちなんだ商品名もとてもユニークだ!シャルロットゲンズバーガー(1590円)は、自家製のパティ3枚にチーズ2枚×3のボリューム。付け合わせはマッシュポテトかフライドポテトから選べる。

以上、パティ自慢のハンバーガー6店舗を紹介した。食べてみたいハンバーガーはあっただろうか。11月29日の「いい肉(1129)の日」は、絶品バーガーにかぶりつこう!

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る