孤高の名店が堂々の殿堂入り!本当に旨いラーメン総合ランキング【三重編】

東海ウォーカー

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

愛知・岐阜・三重の絶品麺383杯を紹介する、東海ラーメン本の決定版「ラーメンWalker東海2018」。同誌で毎年行っている、本当に旨いラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。ラーメンの達人である百麺人や、読者やWebユーザーらの投票により店を選出している。そんな同企画の17年三重総合部門の結果を発表!三重県内にあるラーメン店から、トップ3に輝いた実力店を紹介する。

第1位 「麺や 青雲志」(松阪市)


三重総合1位の「麺や 青雲志」は、スタイリッシュな外観が目印


1位に輝いたのは、こだわりの独創的なメニューが並ぶ「麺や 青雲志」。店主の野呂氏は、理想のラーメンを追求するあまり、生活のほとんどの時間を仕込みに費やす。その店主が各地より集めた厳選食材には、高級なものや希少なものも多く、それを惜しげもなく使用。ラーメンの種類は多いが、どれも店主のこだわりが感じられると百麺人も太鼓判を押している。

【写真を見る】店主イチオシのスパイシーな和風カレー味「カレーまぜそば」(850円)


そのなかでも、店主が最近イチオシなのが「カレーまぜそば」(850円)だ。まずスパイシーな和風カレーダレをモチモチの自家製麺に絡めて麺から味わうのが鉄則。その後に、チャーシューを加えて、最後はタマネギとネギでさっぱりとした味の変化を楽しもう。また、チャーシュー(300円)をトッピングしてガッツリいただくのもオススメ。10日間熟成させて仕上げているというチャーシューは、肉々しさ満点だ!

第2位 「中華そば らんまん」(四日市市)


「中華そば らんまん」は、家族で切り盛りするアットホームな店


無化調にこだわる名店「中華そば らんまん」が2位にランクイン。今年で10周年を迎える同店は、中華そばをメインに展開。開業当初は塩が人気だったが今は醤油に力を入れている。節系や動物系のスープから旨味をしっかり抽出した食べ応えのある一杯が味わえるぞ。

どこか懐かしい味わいの「味玉そば(醤油)」(800円)


人気の「味玉そば(醤油)」(800円)は、ベーシックな中華そばに味玉をトッピング。黒胡椒の風味がアクセントになっている。大量の材料から丁寧に抽出したスープは、さまざまな素材の旨味が溶け込み、最後まで飲み干したくなる味わい。大きな鍋で丁寧に炊き上げる自家製メンマも、中華そばを際立たせる名脇役だ。

第3位 「博多らーめん専門店 博多一丁」(津市)


本格的な味わいが評判の「博多らーめん専門店 博多一丁」


3位に選ばれたのは、博多ラーメンが好きすぎで店を始めたという店主が営む「博多らーめん専門店 博多一丁」。1日120杯限定のラーメンは、スープ完成までに3日を費やすという力作だ。麺は博多の製麺所から毎日直送される低加水麺を使用。本格的な味わいを求めて連日行列ができ、週末は昼過ぎで売り切れることもあるそう。

1日120杯限定の「ラーメン」(650円)


そんな評判の「ラーメン」(650円)には、コラーゲンがたっぷり。三重県産の豚頭骨を使い、コクと甘味が存分に引き出されているスープは、歯応えのいい麺との絡みも抜群。無料トッピングの辛子高菜、紅ショウガ、生ニンニク、ゴマ、胡椒を加えて好みの味を楽しもう。

三重県総合部門のトップ3は、県内北中部の店に集中した。2017年は数多くの新店もオープンしたこともあり、ますます激戦区となった三重ラーメン界の今後に注目したい。【ラーメンWalker編集部】

吉川明里

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!花火大会人気ランキング

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る