中部エリア最大規模のクルマの祭典「名古屋モーターショー」が開幕

2017年11月23日 7:30更新

東海ウォーカー 伊東大輝

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2017年11月23日(祝)から11月26日(日)まで、中部地区最大規模の自動車イベント「第20回名古屋モーターショー」がポートメッセなごや(名古屋市国際展示場、名古屋市港区)で開催される。

翼のようなドアで今にも飛び出しそうな「TOYOTA Concept-愛i」

翼のようなドアで今にも飛び出しそうな「TOYOTA Concept-愛i」

すべての画像を見る(11件)

「第20回名古屋モーターショー」には、国内外から集まった2輪・4輪車メーカーの最新市販車やコンセプトカーなどが勢ぞろいするほか、家族みんなで楽しめる企画も実施される。また、今年で20回目となる開催を記念して、広報大使にSKE48の松井珠理奈を迎え、トークショーなどでイベントをさらに盛り上げる。

「スズキ e-SURVIVOR」

「スズキ e-SURVIVOR」

今話題の電気自動車、自動運転技術や人工知能を搭載した“未来のクルマ”、現在販売されている最新のクルマ、あこがれのスーパーカーなどが展示車両として一堂に会する「第20回名古屋モーターショー」は、見どころ満載。なかには、日本初公開となる車両も!屋外では、試乗会などの体験型イベントも企画されているので、見ても乗ってもワクワクできそうだ。

【写真を見る】一度は乗ってみたい、あこがれの「ランボルギーニ Aventador S」

【写真を見る】一度は乗ってみたい、あこがれの「ランボルギーニ Aventador S」

子どもや女性も楽しめるイベントも!

「第20回名古屋モーターショー」限定のオリジナルスイーツを販売する「ナゴヤスイーツサーキット」では、菓子で作った「名古屋の街」ジオラマも展示。全国のおいしいグルメが集結する「ご当地B級グルメ キッチンカーワールド」のほか、子どもが遊べるキッズエリアもあり、クルマ好きはもちろんファミリーでも楽しめそう。またゲストが日替わりで出演するトークショーやライブ、ラジオの公開生放送あり、クルマ以外の魅力も詰まったイベントとなっている。

入場料は大人1500円、高校生以下は無料。国内外メーカーの“今”を体感しよう!【東海ウォーカー】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る