【神奈川】淡麗の人気店「鶏喰~TRICK~」の”貴重”な限定味噌ラーメンが登場!

2017年11月30日 19:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神奈川県内の人気ラーメン店12店が「ラーメンWalker神奈川2018」読者のために月に1回ずつラリー形式で限定ラーメンを作る「限定麺ラリー2017→2018」。第3弾の2017年12月は、鶏の旨味を丁寧に抽出した鶏清湯(とりちんたん)を出す「鶏喰~TRICK~」。その優しさにあふれたようなスッキリとした味わいのラーメンを求め、常に多くの人が訪れる人気店だ。

普段は限定麺を出さない「鶏喰~TRICK~」の超貴重な味噌ラーメンを見逃すな!

「トリックのミソ」(950円)。大豆の旨味がダイレクトに伝わる一杯(写真はイメージ。当日は具など変更の場合あり)

全ての画像を見る(2件)

【ラーメンWalker神奈川2018限定麺】

「トリックのミソ」(950円、1日15杯限定)。食べられるのは、17年12月3日(日)、10日(日)、17日(日)、24日(日)のいずれも日曜限定。いつもはレギュラーメニューのみを出す「鶏喰~TRICK~」が、まさかの限定麺を出すという衝撃の一杯は、津久井在来の大豆で作った味噌をメインに、小田原の「加藤兵太郎商店」の味噌など県内産の4種の味噌をブレンドしたラーメン。大豆感がストレートに伝わる濃厚な味だが、「鶏喰~TRICK~」らしく口当たりはスッキリで絶妙な仕上げに脱帽だ。また、具材は、保土ヶ谷区の農家の露地野菜で、「もものすけ」というカブやパープルスティック(紫人参)、その農家のオリジナルの苅部大根などの野菜や、やまゆりポークで作ったチャーシューなどを使用。タレも具も神奈川の食材の魅力を存分に堪能できる、まさに“神奈川愛”にあふれた一杯になっている。この貴重な一杯は、「ラーメンWalker神奈川2018」を持参しないと食べられないので必ず持って行こう。

津久井大豆味噌(右)や、小田原の加藤兵太郎商店の味噌(左)など4種の味噌をブレンド

【ラーメンデータ】〈麺〉中/角/ストレート(150g) 〈スープ〉タレ:味噌 〈仕上油〉鶏油 〈種類〉鶏ガラ

【鶏喰~TRICK~】■住所:神奈川県横浜市吉野町4-20 ■電話:045・341・0509 ■時間:11:00~14:00、18:00~21:00、土曜・日曜11:00~15:00(各LO)※スープがなくなり次第終了 ■休み:月曜 ■席数:10席(カウンター6、テーブル4)禁煙 ■駐車場:なし ■交通:横浜市営地下鉄吉野町駅3出口より徒歩1分

限定麺イベントは、2018年9月まで毎月開催! 2018年1月は「G麺7」など人気店が続いていくので要チェックだ! 食べる際に各店からシールをもらって、本誌の台誌に貼ろう。12店舗すべてコンプリートすると、12店舗からのすてきなオリジナルのレアグッズが抽選でもらえる。定番メニュー(デフォルト)とは異なるこのイベントだけの珠玉の一杯を巡ろう!

【ラーメンWalker神奈川2018】限定麺ラリー参加店舗(17年10月)ファットン、(17年11月)弘明寺丿貫、(17年12月)鶏喰~TRICK~、(18年1月)G麺7、(18年2月)麺屋庄太、(18年3月)カミカゼ、(18年4月)渦雷、(18年5月)麺処 秋もと、(18年6月)中村麺三郎商店、(18年7月)地球の中華そば、(18年8月)支那そばや 本店、(18年9月)らぁ麺屋 飯田商店

【取材・文=瀧本充広】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る