初詣は猫の駅長で有名な和歌山電鐵で三社参り

2017年12月20日 15:24更新

関西ウォーカー 山下敬三

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

 初詣の際、三つの神社を参詣する“三社参り”の風習が残る和歌山市。中でも「日前神宮・國懸神宮」「竈山神社」「伊太祁曽神社」の三社を巡る“三社参り”は、和歌山市民だけでなく、毎年全国から参詣者が訪れる人気のコースとなっている。そこで今回は三社参りで巡る、三つの神社それぞれの歴史やご利益について解説。さらに三社参りの移動に便利な「和歌山電鐵貴志川線」についてもご紹介!

「日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)」

和歌山県の中に三社だけある“紀伊國一之宮”の一社であり、境内に二つの神宮を持つ全国的にも珍しい神社。日前神宮は“日像鏡(ひがたのかがみ)”を、國懸神宮は“日矛鏡(ひぼこのかがみ)”を御神体としており、三種の神器に次ぐ宝鏡として副えられたとされている。両神宮は良縁を結び、結婚の徳を授け、家内安全の御利益を賜ることから、古来より人々の崇敬を集めている。

日前神宮・國懸神宮

日前神宮・國懸神宮

すべての画像を見る(14件)

「竈山神社(かまやまじんじゃ)」

神武天皇の長兄にあたる彦五瀬命(ひこいつせのみこと)を祀っており、日本建国神話の重要スポットとして多くの参詣客が訪れる神社。緑の森に囲まれた本殿の裏には大和平定の途中、重傷を負って亡くなった彦五瀬命の墓とされる「竈山墓」がある。国家安泰にはじまり、世界の平和と発展を守っていることから、災厄除去・交通安全・満願成就のご利益があるといわれる。

竈山神社

竈山神社

「伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)」

緑豊かな国づくりを行ったとされる五十猛命(いたけるのみこと)を祭神とする神社。「日前神宮・國懸神宮」と同じく紀伊國一之宮の一社として全国的な知名度を誇り、御神木の穴をくぐると厄除けになる“木の俣くぐり”が有名なほか、境内の井戸に湧く“いのちの水”は飲むと活力が得られると伝えられている。古事記に大屋毘古神(おおやびこのかみ:五十猛命の別名)が大国主神の命を救った神話が記されているため、“いのちの神”として厄除けや病気平癒にご利益があると言われる。

伊太祁曽神社

伊太祁曽神社

三社参りは魅力いっぱいの「和歌山電鐵」での移動がらくちん!

三社を1日で巡るには「和歌山電鐵」を使った電車移動が便利。すべての神社が和歌山電鐵貴志川線沿線に鎮座していて、駅からも徒歩圏内なのでアクセスらくらく。さらに、貴志川線は全国的な知名度を誇る猫の駅長や、かわいいデザイン電車でも知られており、三社参りとは別の楽しみを与えてくれる。ここからは貴志川線の魅力をピックアップして紹介。

●貴志川線名物の猫駅長たちがお出迎え

2007年に和歌山電鐵から正式に駅長に任命されたことで話題となった三毛猫「たま駅長」。誰からも愛される猫の駅長として、乗客数増加や観光アピールに貢献し、2015年に大明神となったあとも“名誉永久駅長”として、今も多くの人に愛され続けている。現在はたまの意志を継いだ“スーパー駅長”のニタマが貴志駅に、“駅長見習い”のよんたまが伊太祈曽駅に勤務しており、その愛くるしい表情で利用客の視線を釘づけにしている。

名誉永久駅長のたま

名誉永久駅長のたま

スーパー駅長のニタマ

スーパー駅長のニタマ

駅長見習いのよんたま

駅長見習いのよんたま

●ラッピング電車とは一線を画す“おもしろ電車”の数々

2006年に登場した「いちご電車」を皮切りに、「おもちゃ電車」「たま電車」「うめ星電車」と、現在では4つのおもしろデザイン電車が走る貴志川線。かわいらしい外装はさることながら、驚くべきは内装で、世界で初めて電車内にガチャガチャを設置したり、たま駅長の姿を展開した“ネコロジカル”なデザインで統一したりと、一般的なラッピング電車とは一線を画す徹底したこだわりぶり。電車好きでなくとも、テンションが上がること間違いなし!

いちご電車

いちご電車DESIGNED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES

おもちゃ電車

おもちゃ電車DESIGNED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES

たま電車

たま電車DESIGNED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES

うめ星電車

うめ星電車DESIGNED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES

●足を延ばしても立ち寄りたいインスタ映えスポット

貴志川線の終着駅であり、“スーパー駅長”のニタマが勤務している貴志駅は、駅舎の外観が猫の顔をしているとってもユニークな駅。地元のフルーツを使ったジュースが味わえるたまカフェや、かわいいたまグッズの販売をしている売店、さらにホームにたま神社があるなど、どこを切り取ってもエンタメ感たっぷりの必訪スポットだ。

貴志駅

貴志駅DESIGNED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES

たまカフェのメニュー

たまカフェのメニュー

たま神社

たま神社

●何度も乗り降りできる和歌山電鐵貴志川線 1日乗車券がオトク

三社参りの際は和歌山電鐵貴志川線 1日乗車券がおすすめ。大人780円、子ども390円で、何度も乗り降りできるから心置きなく神社巡りを楽しめる。ニタマに会える貴志駅や、よんたまのいる伊太祈曽駅のアクセスにもぴったり!

和歌山電鐵貴志川線 1日乗車券

和歌山電鐵貴志川線 1日乗車券

和歌山電鐵のおもしろ電車で巡る、ご利益いっぱいの三社参り。2018年の初詣はぜひ和歌山で! 【関西ウォーカー編集部/山下敬三】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る