和歌山市を代表する景勝地・和歌の浦で非日常的な漁業体験!

2018年4月2日 19:45更新

関西ウォーカー 山下敬三

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

 さまざまな観光名所を擁する和歌山市において、絶景の宝庫で知られる和歌の浦。日本遺産にも認定され、眺めるだけでも感動を与えてくれる景勝地だが、「漁業体験 in 和歌浦」・「漁業体験 in 片男波」と題した2つの体験プログラムも実施している。海がきれいなこの季節におすすめなのでぜひ体験してみよう!

みんなで力を合わせて!「地引網体験」

日本遺産にも認定されている和歌の浦の片男波海水浴場で、潮風に吹かれながら、地引網を体験しよう。小アジや、カンパチ、タコなど、採れたての魚介を刺身やタタキ、塩焼きにして、その場で味わえるので鮮度抜群!1網20~120名まで参加できるので、グループ活動の一環や、子供たちの行事など、さまざまなシチュエーションで楽しめる。

みんな一緒に網を引けば大盛り上がり間違いなし!

全ての画像を見る(4件)

さらに、有料オプションとしてバーベキューも可能。牛肉や、ウインナー、キャベツなど、バーベキューに欠かせない食材も、別料金で販売しているので、新鮮な魚介と合わせてシーサイドバーベキューを心ゆくまで堪能しよう。

和歌の浦の新鮮な海の幸。自分たちで採った分、味も格別だ

朝日が昇る前に出港!「しらす漁体験」

早朝の和歌浦漁港に集合し、まだ朝日が昇る前に出港する本格的な漁業体験。朝の潮の匂いや、プロの漁師による波さばきを体感しながら漁場に到着した後は、漁師のアドバイスの元、実際のしらす漁に参加。約2時間にわたる体験を楽しんだあとには、漁港で採れたてのしらすを使った最高の朝食が楽しめる。生しらすや釜揚げ、しらす丼はどれも絶品。朝には体験を終えるので、その後思いっきり和歌山市観光を楽しめるのもうれしい。

プロの漁師と技を目にしながら、非日常のしらす漁を体験

しらす漁と同時に楽しめるのが景勝地・和歌の浦ならではの絶景。和歌の浦は一般的に沈む夕陽で有名だが、沖から眺める昇る朝日は、早朝の漁に出た者にしか見られない、特別な景色。日頃のストレスも一気に吹き飛ばす光景をその目に焼き付けよう。

朝日に照らされた和歌の浦の美しい景色

日常ではなかなか体験できない貴重な漁業を、誰でも気軽に楽しめる「漁業体験 in 和歌浦」と「漁業体験 in 片男波」。家族やグループの思い出にぴったりの春のイベントとして、ぜひ活用してみよう!【関西ウォーカー編集部】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る