地酒と旨いアテが楽しめる宮崎のほろ酔い酒場4選

2018年4月20日 17:30更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

宮崎で「どこで呑もう?」と迷ったら、宮崎市の中心街へ。宮崎名物が食べられる居酒屋やおしゃれなダイニングバーまで、さまざまなジャンルの店が立ち並ぶ。なかでも、今回は「九州の酒」が豊富にそろう酒場をセレクト!気になる店を巡って、好みの1軒を見つけてみては?

地どり炭火焼 粋仙

宮崎県内の蔵元にこだわり焼酎約130本が並ぶ「地どり炭火焼 粋仙(すいせん)」(宮崎市錦町)。「県内の地酒と地のものを楽しんでほしい」というのがコンセプト。

柔らかい食感の「みやざき地頭鶏 もも焼き」(1450円)

全ての画像を見る(8件)

看板メニューのもも焼きは、噛むほどに鶏の旨味が広がり、焼酎とも合う。「みやざき地頭鶏 もも焼き」(1450円)は、ジューシーで柔らか。噛み応えのある赤鶏(1080円)と食べ比べてみて。

宮崎駅ガード下で17年営業。2018年夏、宮崎駅前通りに移転予定

[地どり炭火焼 粋仙]宮崎県宮崎市錦町1-68 / 0985-23-1588 / 17:00~23:00(LO22:20) / 不定休み

たちばな水産

カウンターに、九州各地の焼酎や日本酒がずらりと並ぶ「たちばな水産」(宮崎市上野町)。季節限定の焼酎も取扱う。

【写真を見る】「地どれの魚の刺身」(2人盛り、842円~)。旬のおすすめは日替りメニューでチェックを!

まずは九州で水揚げされる新鮮な旬魚を使った「地どれの魚の刺身」(842円~)をどうぞ。店の一角では備長炭の炎が上がり、炉端焼きを楽しむことができ、さらに酒が進む。

焼酎、日本酒約100種類が並ぶカウンター。迷ったらスタッフに聞いてみよう

[たちばな水産]宮崎県宮崎市上野町7-7 石井ビル1F / 0985-20-8748 / 17:30~翌1:00(LO24:30) / 水曜休み

立ち呑み たたんばぁ

宮崎で立ち呑みスタイルを定着させた人気店「立ち呑み たたんばぁ」。宮崎の焼酎約100種類や、延岡の地ビール「ひでじビール」が飲める。

「鶏生ハム」(300円)。噛むと旨味がじわりと染み出る

地元の焼鳥店が作る骨付き生ハムといった珍しい逸品も味わえる。店内で取り扱う酒から3種類を選び1飲み比べができるお得なセット(1000円)もあるので、店主と話しながら新しい味にチャレンジしよう。

最大40人までOKの店内。おひとり様でも入りやすい雰囲気

[立ち呑み たたんばぁ]宮崎県宮崎市中央通1-13 / 0985-65-4649 / 17:00~翌5:00 / 不定休

Baccano

宮崎市にあるイタリアンダイニングバー「Baccano」。支配人の馬場博幸さんは、毎年、都農ワインの新酒テイスティングにソムリエとして参加している。

「エビとタコのバッカーノ風 アヒージョ(パン付)」 (880円)。都農ワインとの相性も抜群!

店では数種類の銘柄を味わえ、出荷数の少ないピノ・ノワール(ボトル5800円)が楽しめるのもうれしい。ワインと相性の良い「エビとタコのバッカーノ風アヒージョ」(パン付、880円)といったメニューも多数そろう。

隠れ家風の半個室もあり、居心地がいい店内

[Baccano]宮崎市中央通3-10 竹村ビル3F / 0985-23-1334 / 18:00~翌1:00(料理LO24:00、ドリンクLO24:30) / 日曜休み(月曜が祝日の場合営業)

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る