横浜・関内に誕生した新たなラーメンの名所、その名も「関内ラーメン横丁」へ!

2018年5月2日 15:40更新

横浜ウォーカー 取材・文=河合哲治郎、撮影=神保達也

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
現在は「唐桃軒」と「麺者 雄」のみが営業。6月1日(金)には「ナルトもメンマもないけれど。」と「ほうきぼし」がさらにオープン!

現在は「唐桃軒」と「麺者 雄」のみが営業。6月1日(金)には「ナルトもメンマもないけれど。」と「ほうきぼし」がさらにオープン!(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也

「新横浜ラーメン博物館」(横浜市港北区)や「ビナウォーク ら~めん処」(海老名市)などの人気施設を抱える神奈川県に、新たなラーメン複合施設「関内ラーメン横丁」が2018年4月26日オープンした。“横丁”をコンセプトに、横浜内外の人気ラーメン店に加え、立ち呑み居酒屋も併設する“ラーメンとお酒”が楽しめるスポットだ。

先陣を切って、チャーシュー自慢の横浜の2つの人気店が移転オープン

【写真を見る】「唐桃軒」の「醤油チャーシュー麺」(1,000円)。しっとりと柔らかな肩ロースの大判チャーシューが3枚のる

【写真を見る】「唐桃軒」の「醤油チャーシュー麺」(1,000円)。しっとりと柔らかな肩ロースの大判チャーシューが3枚のる
(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也

すべての画像を見る(7件)

「関内ラーメン横丁」が入居するのが、横浜・関内駅前の商業ビル「CERTE(セルテ)」の6階。グランドオープン(2018年6月1日[金])に先立ち、2018年4月26日に2つのラーメン店と立ち呑み居酒屋が営業を開始した。

「唐桃軒」の店主・土屋宏子さん。「チャーシューは丸ごと1本ごとテイクアウト販売も行っています」

「唐桃軒」の店主・土屋宏子さん。「チャーシューは丸ごと1本ごとテイクアウト販売も行っています」(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也

その一つが「唐桃軒(とうとうけん)」。1985年に関内で創業した老舗で、その後伊勢佐木町へ移転。今回再び関内へ凱旋を果たした。看板メニューは「醤油チャーシューメン」(1,000円)。高級国産豚ロースをじっくり煮込んだ自家製チャーシューが有名で、かつて某グルメ番組で1位を獲得したほど。

そしてもう一軒が「麺者 雄(めんじゃ ゆう)」。2010年に横浜市・東神奈川で創業した人気店で、ラーメンに魅せられたマレーシア出身の店主が独学で編み出した「鶏白湯(パイタン)」(800円)をはじめ、多彩なメニューがそろう。この店も豚バラ・鶏モモの2種のチャーシューがウリで、店内の釜でじっくりと吊るし焼きにしている。

それぞれ旧店時代からのメニューが味わえるほか、“横丁”にちなみ、アルコールやつまみを多彩に取りそろえているのも特徴。チャーシューなどをつまみながら一杯ひっかけ、ラーメンで〆る“ラー飲み”も楽しめる。

「麺者 雄」の「鶏白湯ラーメン」(800円)

「麺者 雄」の「鶏白湯ラーメン」(800円)

「麺者 雄」の店主・鄭 建雄さん。「吊るし焼きでジューシーに仕上げた豚バラと鶏モモの2種のチャーシューが自慢です」

「麺者 雄」の店主・鄭 建雄さん。「吊るし焼きでジューシーに仕上げた豚バラと鶏モモの2種のチャーシューが自慢です」(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也

ベイスターズ戦を大型モニターで観戦できる立ち飲み酒場も!

「立ち呑み ラッキー」の営業時間は16:00~23:00(LO22:00)

「立ち呑み ラッキー」の営業時間は16:00~23:00(LO22:00)(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也

「立ち呑み ラッキー」の各種カクテル。左から「かちかちグレープフルーツサワー」(500円)、「かちかちレモンサワー」(500円)、「ラッキーサワー」(400円)

「立ち呑み ラッキー」の各種カクテル。左から「かちかちグレープフルーツサワー」(500円)、「かちかちレモンサワー」(500円)、「ラッキーサワー」(400円)(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也

横丁内には気軽に立ち寄れる酒場「立ち呑み ラッキー」も併設。店内の大型モニターで横浜DeNAベイスターズ戦を放映する。各種サワーやカクテルを飲みながら、野球中継を観戦できる。

6月1日(金)には「ナルトもメンマもないけれど。」「ほうきぼし」がオープン!

2018年6月1日(金)のグランドオープンでは、さらに「ラーメンWalkerグランプリ」において神奈川県新人賞部門2位(2017年)に輝いた「ナルトもメンマもないけれど。」(川崎市・元住吉)、汁なし担々麺の名店「ほうきぼし」(本店は東京・北区)も加わる予定。

ゴールデンウィークの後半は、最新スポット「関内ラーメン横丁」でラーメンとお酒、そして野球観戦で盛り上がってみては?

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る