焼肉の締めじゃない!冷麺の真のおいしさを日本に伝授

2018年5月28日 10:00更新

東京ウォーカー 取材・文=酒井明子、撮影=山下陽子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

韓国料理の激戦区として有名な新大久保エリアで、16年に日本初出店した「コサム冷麺専門店」。店名の“コサム”は“肉ではさむ”という意味。看板メニューの「水冷麺セット」(1274円)は、つくば美豚の炭火焼肉で麺をはさみながら食べるのがおすすめだ。

セットメニューにはつくば美豚が75~85gほど付いてくる。冷麺はプラス108円で大盛りにもできる

セットメニューにはつくば美豚が75~85gほど付いてくる。冷麺はプラス108円で大盛りにもできる

すべての画像を見る(4件)

20年の修業を経て、自らの店をオープン

韓国のソウルフードでもあるフライドチキンをメインにした2階の「カンホドンチキン678」と共に、オーナーを務めるのはハン チエさん。韓国出身のハンさんが日本に来たのは1990年。料理好きで20年以上、さまざまな韓国料理店で働いた。自分が本当においしいと思うものを作りたいと、2010年に自らの店を出店した。

【写真を見る】2010年に初めて自身で韓国料理店をオープン。「コサム冷麺専門店」は、2年前の16年4月に開業した

【写真を見る】2010年に初めて自身で韓国料理店をオープン。「コサム冷麺専門店」は、2年前の16年4月に開業した

韓国では定番の冷麺と肉という組み合わせ。しかし日本でその組み合わせを食べるためには焼肉店に行かなくてはならない。「日本では冷麺というと焼肉の締めに食べるイメージ。でも冷麺そのもののよさも知ってもらいたいと思い、専門店の開業に踏みきりました」(ハンさん)。

国産の素材にこだわって作る、想いをこめた韓国料理

ゆったりと食事を楽しんでもらうために、広い空間を意識した作りになっている

ゆったりと食事を楽しんでもらうために、広い空間を意識した作りになっている

“冷麺専門店”と掲げているが、メニューにはのりまきやビビンパなど韓国の家庭料理も用意。レシピは冷麺のみ韓国から輸入したレシピ、ほかはすべてハンさんが考案し、厨房でスタッフにしっかりと教えこんでいる。素材へのこだわりが強く、調味料以外はすべて国産。茨城県産SPFポークのつくば美豚や、自家製麺にも国産のサツマイモのデンプンを使っている。

「きちんとした素材でこだわって作れば、きっとおいしさは伝わると信じています」と話すハンさん。現在、メニューは40種ほど。オーナー自身で素材をきちんと管理し、本当においしいと思うものだけを提供している名店だ。【東京ウォーカー】

JR新大久保駅、大久保駅、さらに西武新宿線の西武新宿駅から徒歩圏内。2Fには同オーナーが経営するチキンの店「カンホドンチキン678」もある

JR新大久保駅、大久保駅、さらに西武新宿線の西武新宿駅から徒歩圏内。2Fには同オーナーが経営するチキンの店「カンホドンチキン678」もある

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る