【九州のホタル名所】熊本・旭志“ほたるの里”で随一の数を誇る「二鹿来川」&「渡瀬川」

2018年6月11日 20:00更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

清らかな水が流れる熊本県・菊池市は、“ほたるの里”と呼ばれる名所。なかでもゲンジボタルが見事な乱舞を見せてくれる、旭志地方の高柳・小原地区が特に人気が高い。

九州自動車道植木ICを下り、県道329号を進んだ先。北側に二鹿来川、南側に渡瀬川がある


2つの川に自然発生し、5月中旬〜下旬ごろは「二鹿来川(にかきがわ)」、その後6月上旬ごろまでは「渡瀬川(わたせがわ)」と、それぞれで見ごろとなる。

【写真を見る】新緑の木々に群がる無数のゲンジボタル。遠くに雄大な山々を望むロケーションも自慢


山々に囲まれた自然豊かな場所。街灯も少なく夜になると暗闇にホタルの光が浮かび上がる、まさに幻想空間


風がなく蒸し暑い日であれば、数千匹の大乱舞が見られることも!周辺に駐車場も完備され、車でのアクセスにも便利だ。

条件がそろえば草木を埋め尽くすホタルの圧巻の乱舞が見られる。川への侵入は禁止なので、川沿いの道や道路上から観賞しよう


[ホタルDATA] 匹数:最大数千匹 / 見頃:5月中旬〜6月上旬ごろ / 鑑賞時間:20:00〜21:30 / 品種:ゲンジボタル / イベント:なし

[二鹿来川(にかきがわ)、渡瀬川(わたせがわ)] 熊本県菊池市旭志小原周辺 / 0968-25-7223(菊池市役所 商工観光課) / 終日開放 / 約50台(無料、ホタル公園駐車場) / 車=九州自動車道植木ICより約30分

久保田学

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る