時間をかけても訪れる価値あり!名古屋から行きたい絶景滝6選

2018年7月24日 17:33更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「神秘的な雰囲気に圧倒されるはず!」な滝を6つ厳選してご紹介。どのスポットも名古屋市内から車で2時間ほどで行けるので、夏休みの遠出におすすめだ!

小坂の滝|滝の数日本一の町で好みの滝探し

がんだて公園から10分ほどで到着する三ツ滝。上段、中段、下段の3つの滝がある

全ての画像を見る(12件)

5万4000年前の、御嶽山の噴火による溶岩が造り出した滝が200以上も点在する小坂町。初心者には滝や川沿いをのんびり歩ける滝見遊歩道がおすすめだ。30分の周遊コースや3時間のトレッキングコースなどもある。

三ツ滝の手前にある巌立(がんだて)は、御嶽山噴火時の溶岩流によって形成された岩壁

五宝滝|宮本武蔵伝説が残る5つの滝

最上部にあり、3段のなかで最大の落差を誇る「一の滝」。落差は約44m

約80mの高さから3段にわたって流れ落ちる「五宝滝(ごほうだき)」(岐阜県八百津町)の様子は圧巻。3段の滝を一望する展望台にはあずまやがあり、散策途中の休憩に最適だ。二天の滝と円明の滝で宮本武蔵が修行をしたという伝説から、武蔵にちなんだスポットも。

五宝滝公園内にある武蔵の広場には小川が流れ、気軽に水遊びできる場所もある

阿弥陀ヶ滝|北斎も描いた東海屈指の名瀑

水の透明度が高く、空気が澄んだ朝は特に幻想的な雰囲気に

落差約60mの「阿弥陀ヶ滝(あみだがたき)」(岐阜県郡上市)は、東海地区を代表する名瀑として日本の滝百選や岐阜県名水50選に選ばれている。葛飾北斎が「諸国瀧廻り」で描いた景観美が魅力。遊歩道で滝つぼの付近まで近づくことができ、迫力ある水流に圧倒される。

滝の近くにある「阿弥陀ヶ滝荘」では、冷たい湧水を使った「流しそうめん」(700円ほか)が味わえる

大倉滝|滝を数えながら森林を散歩♪

森林浴を楽しみながら滝を目指す百滝コースは徒歩30~40分

岐阜県高山市にある「大倉滝」は、木曽川の源流がある天然林の奥、「森林公園おおくら滝」にある。車で行くルートのほかに、スリル満点のくぐり岩や、大小100個あるとも言われる大倉百滝を満喫しながら遊歩道を歩くハイキングコースもオススメ。

森林公園おおくら滝の中にある「そば処清見庵おおくら」で休憩しよう♪

牛ヶ滝|花崗岩が織り成す豪快な流れ!

駐車場からおよそ15~20分歩いた場所にある牛ヶ滝

木曽路を代表する渓谷美が広がる柿其渓谷散策のクライマックス、「牛ヶ滝(うしがたき)」(長野県南木曽町)。巨大な花崗岩の間を柿其川本流が勢いよく流れ落ちる滝の姿は豪快だ!牛ヶ滝展望台から、壮観な眺めを楽しもう。奥へ進むと霧ヶ滝もある。

【写真を見る】「牛ヶ滝」への道中にある「恋路のつり橋」は、絶好の写真スポット!

調子ヶ滝|沢歩き&森林浴でセラピー体験

マイナスイオンたっぷりの森林浴を満喫しよう!

マキノ高原の一角、すがすがしい風景の中を散策できるセラピーロードの最奥地にある「調子ヶ滝(ちょうしがたき)」(滋賀県高島市)。水の音やさわやかな風が心地よい沢をおよそ30分かけて歩くと、全長13m、豊かな水量を誇る調子ヶ滝が身も心も癒してくれる。

セラピーロードは、水辺に降りられるスポットやスギの大木の回廊など、見どころ満載!

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る