“決め買い”しよう!福岡・南区エリアおすすめパン屋さん6軒

2018年7月21日 9:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

得意分野を全面に打ち出すパン店が集う福岡・南区エリア。ハード系、全粒粉、メロンパン専門店にオーストリアのパンなど、その店ならではのパンを“決め買い”してみよう。また、思わず写真に撮りたくなる、店内や建物にも注目!

名店のDNAが宿る、粉の力を信じたシンプルなパン「Yakichi」

「Yakichi」は約8割がハード系という振り切ったラインナップ。もっちり&プルプルとした生地で作る「ざぶとん」(151円)や、量り売りの「カンパーニュ」(1.4/g円)もおすすめ

「Yakichi」は約8割がハード系という振り切ったラインナップ。もっちり&プルプルとした生地で作る「ざぶとん」(151円)や、量り売りの「カンパーニュ」(1.4/g円)もおすすめ

すべての画像を見る(21件)

“食パン日本一”で有名な福岡県北九州市八幡西区の「木輪(きりん)」、そしてストイックなハード系パンの代表格ともいえる東京の「パーラー江古田」。その北九州と東京が誇る2つの名店の系譜を継ぐ店が「Yakichi」だ。

「Yakichi」の「クロワッサン」(194円)は黒糖を使いコクのある甘さに仕上げる

「Yakichi」の「クロワッサン」(194円)は黒糖を使いコクのある甘さに仕上げる

「Yakichi」。山イモなどを大胆にトッピングした総菜フォカッチャも人気。店主よりも江古田歴の長い奥さんの合格が出たものだけが並ぶ

「Yakichi」。山イモなどを大胆にトッピングした総菜フォカッチャも人気。店主よりも江古田歴の長い奥さんの合格が出たものだけが並ぶ

特に江古田では“良質な素材を使ってシンプルに仕上げる”哲学に強く影響を受けた。店内を見回すと目につくのがハード系の割合の高さ、そして“焦げ”の半歩手前を狙ったような攻めた焼き色だ。高温でしっかり焼き込んだ皮はせんべいのようなバリッとした食感で、国産小麦ならではのしっとり&モチモチ感を引き立てる。そして香ばしさと甘美な甘さが混じり合い、しみじみとおいしい。

「Yakichi」の「もっちりのフランスパン(大) 」(259円)。キタノカオリ100%で濃厚な甘さが特徴。さっくりタイプや小サイズ(120円)もある

「Yakichi」の「もっちりのフランスパン(大) 」(259円)。キタノカオリ100%で濃厚な甘さが特徴。さっくりタイプや小サイズ(120円)もある

 「Yakichi」の「フォカッチャ」(183円)。生地にジャガイモを入れることでもっちり感が倍増。同じ生地を使用した総菜パンも美味

「Yakichi」の「フォカッチャ」(183円)。生地にジャガイモを入れることでもっちり感が倍増。同じ生地を使用した総菜パンも美味

【写真を見る】「Yakichi」の「あんバター」(205円)。さっくりタイプのバゲットで自家製の餡と発酵バターをサンド。餡は甘さ控えめ

【写真を見る】「Yakichi」の「あんバター」(205円)。さっくりタイプのバゲットで自家製の餡と発酵バターをサンド。餡は甘さ控えめ

「手で混ぜた方が生地の状態がわかるから」と食パン以外はすべて手ごね。シンプルな味わいを求め、ハムやベーコンなども自家製だ。洗練よりも手作り感や野趣を大切にしており、それが力強いパンに負けない存在感を放っている。

[Yakichi]福岡県福岡市南区大橋4-5-6 / 092-553-2600 / 9:00〜18:00※売切れ次第終了 / 月曜・火曜休み

オーストリア流で福岡のパンをけん引。絵画や音楽でもてなす贅沢なカフェも「Bäckerei&Konditorei SAILER」

「Bäckerei&Konditorei SAILER」。本格的なオーストリアのパンと菓子が味わえる。イートインは50席と広々

「Bäckerei&Konditorei SAILER」。本格的なオーストリアのパンと菓子が味わえる。イートインは50席と広々

4代目店主のアドルフ・サイラーさんが営む、オーストリア菓子とパンの店「Bäckerei&Konditorei SAILER(ベッカライ&コンディトライ サイラー)」。パンは「ホテルオークラ」など、有名ホテルでも提供されるクオリティで、この店で学び、独立したパン職人も多い。

「Bäckerei&Konditorei SAILER」の「カイザーセンメル」(100円)。オーストリア伝統のポピュラーなパン。サンドイッチなどにアレンジして

「Bäckerei&Konditorei SAILER」の「カイザーセンメル」(100円)。オーストリア伝統のポピュラーなパン。サンドイッチなどにアレンジして

「Bäckerei&Konditorei SAILER」の「プレッツェル」(210円)。岩塩が、独特の風味を引き出している。ビールのおつまみにぴったり

「Bäckerei&Konditorei SAILER」の「プレッツェル」(210円)。岩塩が、独特の風味を引き出している。ビールのおつまみにぴったり

店内には80種類以上のパンが並ぶほか、ケーキや焼き菓子も100種類と豊富。併設する「カフェ・サイラー」はオーストリア直輸入の家具や絵画で調えられ、ゆっくりとくつろげる。2014年3月にはオーストリアの画家・クリムトをイメージした音楽サロン「CAFE KLIMT」もオープンし、現地の雰囲気に浸れる空間となっている。

[Bäckerei&Konditorei SAILER]福岡県福岡市南区長丘2-1-5 / 092-551-7077 / 7:00~20:00 / 無休

ちょっと贅沢なパン!古民家から漂う芳しい香りに誘われて「Boulanger Kaiti」

「Boulanger Kaiti」。レトロな外観とは雰囲気の異なる、こだわりのフルオーダーの内装。

「Boulanger Kaiti」。レトロな外観とは雰囲気の異なる、こだわりのフルオーダーの内装。

「Boulanger Kaiti(ブランジェカイチ)」は福岡市南区・大橋「パン・ド・カイチ」の姉妹店。“休日に楽しみたい、ちょっと贅沢なパン”をテーマに、1号店とは違うテイストで営業している。

「Boulanger Kaiti」。ハード系のパンのほか、おかずパンも多数並ぶ。コーヒーサービス(100円)、イートインにはカウンター席もある

「Boulanger Kaiti」。ハード系のパンのほか、おかずパンも多数並ぶ。コーヒーサービス(100円)、イートインにはカウンター席もある

練乳がほのかに香る「Kaitiの角食」(320円)、優しい味わいの「メロンパン」(160円)、豚バラ肉を使った「豚バラカレーパン」(220円)など商品に合わせて素材、小麦を使い分け、それぞれ異なる深い味わいと口溶けのいい食感に仕上げる。イートインスペースで食事ができるほか、クール便での発送、電話で取り置きにも対応してくれる。

[Boulanger Kaiti]福岡県福岡市南区玉川町18-32 / 092-408-7976 / 10:00〜18:00 / 不定休

発酵バターが香る!メロンパン専門店「Melon de melon 高宮店」

「Melon de melon 高宮店」からは焼きたての甘い香りが店の外まで漂う。西鉄高宮駅より徒歩2分、高宮通りに面したテイクアウト専門店で立ち寄るのにも便利!

「Melon de melon 高宮店」からは焼きたての甘い香りが店の外まで漂う。西鉄高宮駅より徒歩2分、高宮通りに面したテイクアウト専門店で立ち寄るのにも便利!

焼きたてのメロンパンを求め行列のできる東京発の人気店「Melon de melon(メロン デ メロン)」の九州1号店。フランス産発酵バターをふんだんに使用した芳醇な香りとサクッとした皮がクセになる。

「Melon de melon 高宮店」の「チョコチョコメロンパン」(210円)。生地にショコラを練り込みチョコ味ビスケットで包む

「Melon de melon 高宮店」の「チョコチョコメロンパン」(210円)。生地にショコラを練り込みチョコ味ビスケットで包む

「Melon de melon 高宮店」の「プレーンメロン」(190円)。卵とホイップクリームを使ったふんわり生地が自慢

「Melon de melon 高宮店」の「プレーンメロン」(190円)。卵とホイップクリームを使ったふんわり生地が自慢

「Melon de melon 高宮店」の「アップルパイ」(280円)。発酵バター100%のパイ生地にフィリングがたっぷり

「Melon de melon 高宮店」の「アップルパイ」(280円)。発酵バター100%のパイ生地にフィリングがたっぷり

発酵バターを使ったクロワッサンや果実のパイも人気で、手みやげにもぴったり。メロンパンは月替りも含めて約9種類あり、メロンパンの生地を使った「ラスク」(200円)や「あんクロワッサン」(230円)もおすすめ。

[Melon de melon 高宮店]福岡県福岡市南区高宮3-8-3 / 092-521-7820 / 10:00〜21:00 / 無休

全粒粉が香ばしい!粉の旨味がにじむ、こだわりパンが評判「コウブツ」

「コウブツ」のパンは、噛めば噛むほど香ばしく、粉の旨味がにじむ。パンが多くそろう時間は11:00〜

「コウブツ」のパンは、噛めば噛むほど香ばしく、粉の旨味がにじむ。パンが多くそろう時間は11:00〜

「パンやいてます」と軒先にちょこんと立つ手作りの看板が目印。日赤通り裏の住宅街にある「コウブツ」は、全粒粉のパンにこだわり、密度が高く噛み応えのあるパンを約20種類提供している。

「コウブツ」の「ごぼうチーズ」(210円)。角切りチーズと、ソテーしたゴボウが入る。ワインのあてにぴったり

「コウブツ」の「ごぼうチーズ」(210円)。角切りチーズと、ソテーしたゴボウが入る。ワインのあてにぴったり

「コウブツ」の「全粒粉メロンパン」(160円)。パンはもちろんクッキー部分にも全粒粉を使用し、香ばしく仕上げた

「コウブツ」の「全粒粉メロンパン」(160円)。パンはもちろんクッキー部分にも全粒粉を使用し、香ばしく仕上げた

ホシノ天然酵母を使う「ベーグル全粒粉」(170円)など、どれも噛めば噛むほど香ばしく、粉の旨味がにじむものばかり。人気ナンバーワンの「カルピス食パン」(380円)が焼き上がるのはお昼前だが、前日までの予約がおすすめだ。

[コウブツ]福岡県福岡市南区大楠3-8-16 1F / 092-524-1139 / 7:00~17:00※定休日の前日は~15:00 / 月曜・第1日曜休み

シェフ自慢のパンをランチでも味わえる「Boulangerie Froment」

「Boulangerie Froment」は西鉄高宮駅より徒歩7分。コーヒーサービスは無料でお代わり自由。イートインでパンと合わせてどうぞ

「Boulangerie Froment」は西鉄高宮駅より徒歩7分。コーヒーサービスは無料でお代わり自由。イートインでパンと合わせてどうぞ

「Boulangerie Froment(ブーランジェリーフローマン)」の全面ガラス張りでスタイリッシュな店内は、まるで高級レストランのよう。しかし、店内に並ぶのは130円~200円くらいと求めやすい価格のパンばかり。

「Boulangerie Froment」の「スパイシードッグ」(230円)。弾力ある生地にソーセージとチリソース、チーズをかけて焼き上げた

「Boulangerie Froment」の「スパイシードッグ」(230円)。弾力ある生地にソーセージとチリソース、チーズをかけて焼き上げた

「Boulangerie Froment」の「アールグレイのメロンパン」(160円)。茶葉を砕かずそのまま使用して香り高く。外はカリカリ、中はふんわり

「Boulangerie Froment」の「アールグレイのメロンパン」(160円)。茶葉を砕かずそのまま使用して香り高く。外はカリカリ、中はふんわり

約120種類のなかでもあんぱんやメロンパンなど、日本人が昔からなじみのあるパンは創業当初からの人気メニューだ。開放感のある広々としたイートインスペースではランチも食べられるのがうれしい。「パスタランチ」(740円〜)は自慢のパンとコーヒーがセットでお得に楽しめる。

[Boulangerie Froment]福岡県福岡市南区野間1-27-7 / 092-551-5122 / 7:00~19:00 / 不定休

この記事の画像一覧(全21枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る