大胆に魅せる!人気グラビアモデル・佐藤あいりと巡る九州の混浴温泉5選

2018年8月29日 20:40更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ほてる体…美女と混浴…広い湯船の混浴露天風呂、そんな非日常的な空間に日々の疲れをすべて吹き飛ばしてくれるような素敵な女性が隣にいてくれたら…世の中の男性が求めている光景を連載している「佐藤あいりと巡る混浴温泉」。今回は総集編として、過去5回の混浴スポットを紹介!

天ヶ瀬温泉みるき~すぱサンビレッヂ / 大分県日田市天瀬町

大分県日田市天瀬町にある「天ヶ瀬温泉みるき~すぱサンビレッヂ」は、岩風呂大浴場水を一切使わない温泉掛け流しの“美肌の湯”。浴場は内湯、露天風呂、混浴(うたせ湯・洞窟風呂・天然蒸し風呂)と続き、U字の男女の浴場が奥で混浴として繋がってる。

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア・天ヶ瀬温泉編

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア・天ヶ瀬温泉編

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア・天ヶ瀬温泉編

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア・天ヶ瀬温泉編

また、女性露天風呂には、男性露天風呂には無い「討打ちの湯」という、石段を上がった先にある眺望のよい露天風呂もある。家族やカップルはもちろん、女性同士でも楽しめる温泉だ。(※岩風呂大浴場は19:00~22:00までは女性専用時間になる)

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア・天ヶ瀬温泉編

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア・天ヶ瀬温泉編

[天ヶ瀬温泉みるき~すぱサンビレッヂ ]大分県日田市天瀬町赤岩108-1 / 0973-57-3461 / 立寄り湯:800円(平日13:00〜17:00、土日祝12:00〜16:00)

壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋 / 大分県玖珠郡九重町

大分県玖珠郡九重町にある豊かな自然に囲まれた「旅館 福元屋」。入浴したのは300年以上前から自噴している「壁湯天然洞窟温泉」。混浴温泉の壁湯は母屋から離れた川沿いに作られている。

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・九重編~

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・九重編~

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・九重編~

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・九重編~

旅行者や地元の方々に愛され続け、テレビなどで何度も紹介されている秘湯。古くから胃腸や皮膚病などに効果があると言われ、飲用することもできる。お湯は無色透明だがバスタオル巻きOKなので、混浴が苦手な女性でも安心して洞窟風呂が楽しめる。女性専用洞窟風呂あり。

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・九重編~

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・九重編~

[壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋]大分県玖珠郡九重町大字町田62-1 / 0973-78-8754 / 立ち寄り湯:大人300円、子供150円(9:00~20:00)

別府温泉保養ランド / 大分県別府市

江戸時代から明礬(湯の花)が採れ、今でも藁葺屋根の湯の花小屋が立ち並ぶ素敵な温泉地、別府市明礬(みょうばん)にあるレトロな雰囲気漂う「別府温泉保養ランド」。高温の温泉をそのまま使った泥湯がある人気の温泉だ。露天鉱泥大浴場をはじめ、3つの内湯と露天風呂、瀧湯(混浴)がある。

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・別府編~

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・別府編~

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・別府編~

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・別府編~

世界無比の鉱泥を持ち、その効能は医療関係者にも認められていて、美肌効果があるという。

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・別府編~

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア~大分・別府編~

[別府温泉保養ランド]大分県別府市明礬5 / 0977-66-2221 / 立ち寄り湯:大人1,100円、小人600円、幼児350円

山の宿「新明館」 / 熊本県阿蘇郡南小国町

熊本県の阿蘇山北側に位置し、田の原川の渓谷両側に風情ある和風温泉宿が並ぶ黒川温泉。新明館には全部で7つのお風呂があるが、日帰り入浴では混浴露天風呂、混浴内湯、女性専用内湯の3つに入浴可能。なかでも手づくりの洞窟風呂が有名だが、今回は混浴露天風呂の岩戸風呂に。湯気と岩のせいで濁り湯にも見えるが、実際は無色透明。泉温は、40度ぐらいに調整されている。

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア〜熊本・黒川編〜

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア〜熊本・黒川編〜

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア〜熊本・黒川編〜

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア〜熊本・黒川編〜

新明館は黒川温泉の中心部、川端通の温泉街にある。名物洞窟風呂を楽しめるのはもちろん、石畳の通路や囲炉裏など昔ながらの風情にも心落ち着くものを感じることができる。

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア〜熊本・黒川編〜

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴グラビア〜熊本・黒川編〜

[山の宿「新明館」]熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉 / 0967-44-0916 / 立寄り入浴料金:入湯手形(1300円、3ヶ所)または500円(8:30~21:00) ※通常はバスタオルを着用しての入浴不可。撮影のため特別に許可を得て撮影しています

夢龍胆 / 熊本県阿蘇郡南小国町

続いても、黒川温泉。「夢龍胆」は、露天風呂から足湯まで7種類のお風呂があり、好みに合わせて入浴ができる。混浴露天風呂はゆったりとした広さの岩風呂で、四季の移り変わりを肌で感じる。

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴撮り〜熊本・黒川編〜

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴撮り〜熊本・黒川編〜

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴撮り〜熊本・黒川編〜

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴撮り〜熊本・黒川編〜

田の原川に面した高台に位置し、ロビーからは黒川温泉街の四季折々の表情を一望できる。自家源泉から湧き出す温泉は、肌の蘇生効果が期待できる硫酸塩泉。大露天風呂や貸し切り、混浴、岩盤浴まで備えていて、館内での湯めぐりも楽しめる。

   “九州の太陽”佐藤あいりの混浴撮り〜熊本・黒川編〜

“九州の太陽”佐藤あいりの混浴撮り〜熊本・黒川編〜

[夢龍胆(ゆめりんどう)]熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6430-1 / 0967-44-0321 / 立寄り入浴料金:入湯手形(1300円、3ヶ所)または500円(8:30~21:00)

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る