豊富な種類が魅力!福岡・久留米エリアおすすめパン屋さん4軒

2018年9月6日 18:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

看板メニューが楽しみな福岡・久留米エリアのパン屋さん。お酒にピッタリな“アテパン”や個性的なメロンパン、ヘルシー志向のパンに正統派のクロワッサンなど、今日の気分やシチュエーションでパン屋さんを選んでみよう。

田主丸発、世界基準のパンを賞味「シェ・サガラ」

「シェ・サガラ」。店内奥には、耳納連山を望むカウンター席を設ける

全ての画像を見る(13件)

「シェ・サガラ」は“相良さん家”という意味の屋号を冠した、久留米市田主丸町の田園に建つ人気店。シェフの相良一公さんは、岐阜の名店「トランブルー」の成瀬氏に師事。成瀬氏がパンの国際大会「クープデュモンド」日本代表の実力を持ちながらも、普段はバゲットやクロワッサンなどベーシックなパンを大切にする姿を見て、当たり前の積み重ねこそ大きな感動を呼ぶことを学んだ。

【写真を見る】「シェ・サガラ」。手作りの餡やクリームを使ったパンのほか、うきはの「十八」とコラボしたカレーパンも。週末はハード系パンが充実

「シェ・サガラ」の「レザン・シュール」(250円)。酸味と甘味、しっとり生地とナッツ感が口の中で調和する。コンテスト受賞作

「シェ・サガラ」には多くのスペシャリテが存在する。元パティシエの経験を活かし、若き日々をつぎ込んで完成させた複雑なうま味の「レザン・シュール」(250円)、「トランブルー」の看板だったバゲット、そして「クロワッサン」(160円)。

「シェ・サガラ」の「メロンパン」(130円)。グラニュー糖をまぶした表面はカリカリサクサク。中の生地の口どけも抜群

「シェ・サガラ」の「クロワッサン」(160円)。正統派の27層のクロワッサン。口当たりは軽く、発酵バターのいい香りがする

相良さんは最良の素材を使うことだけをよしとしない。発酵や折り込みのタイミングこそパン職人の腕の見せ所という。ロングセラーのクロワッサンはこんもりと上に伸び、一つ一つの層を感じながらも全体としては軽い食感で口溶けもいい。粉やバターの風味も健在だ。

[シェ・サガラ]福岡県久留米市田主丸町益生田873−12 / 0943-73-3680 / 8:00〜18:00、日曜・祝日10:00〜 / 火曜・水曜休み

お酒に合う“大人のパン”を提案「パン・ド・キュイソン」

「パン・ド・キュイソン」は西鉄久留米駅より徒歩10分。酒のつまみにピッタリな“アテパン”以外にも多彩な商品がある。イートイン、コーヒーサービス(150円)もあるので、ランチにも

全面ガラス張りのスタイリッシュなブーランジェリー「パン・ド・キュイソン」。 酒のつまみにピッタリな“アテパン”を創作する。

「パン・ド・キュイソン」の「タマゴサンド」(280円)。塩気の効いた具材が、こぼれそうなほどぎっしり詰められたボリューミィな一品

「パン・ド・キュイソン」の「クロワッサンソーセージ」(226円)。ソーセージがインパクト大。甘めのデニッシュにピリッと胡椒がアクセント

サクサクのハード系生地に、胡椒をまぶしたソーセージを合わせたパン。フランスパン生地にドライトマトを練り込んでブラックペッパーでスパイシーに仕上げたパン。どれもビールやワインとも相性抜群だ。ほかミネラル豊富な全粒粉パン、サンド、菓子パンと商品は多彩。対面式販売なので、迷ったらスタッフにオススメを聞いてみよう。

[パン・ド・キュイソン]福岡県久留米市通町7-14 / 0942-40-1711 / 8:00〜18:00 / 日曜・第3月曜休み

女性店主らしい優しいパンとの出会い「NANA-MARU Bakery」

「NANA-MARU Bakery」のナチュラルテイストな店内。久留米高校前駅より徒歩3分の所にある

2014年7月に同市内の諏訪野町から移転した「NANA-MARU Bakery」。保存料不使用なのはもちろん、食パン(1斤210円)などヘルシー志向のパンが約50種類そろう。

「NANA-MARU Bakery」のベーグル「クランベリー&クリームチーズ」(250円)。ベリーのさわやかな香りがチーズのコクを引き立てる

「NANA-MARU Bakery」の「いなかあんぱん」(130円)。カンパーニュ生地を使用。甘すぎないあんが、素朴な生地を引き立てる

バイツェンフルーツ(350円)をはじめ、ドイツ・フランスでポピュラーなハード系が充実するほか、10種類以上あるベーグル(180円~)もおすすめ。週末限定で登場するフレンチトースト(90円)、バーニャカウダのフィッシュサンド(260円)など曜日で異なる限定パンもチェックしよう。

[NANA-MARU Bakery]福岡県久留米市西町99-1 加計ビル1F / 0942-88-6627 / 9:00~16:00 / 日曜・月曜休み 

イートインスペースも充実「サンタカフェベーカリー グランママ」

「サンタカフェベーカリー グランママ」。明るいカフェスペースではモーニングのほか、ポークシチューなどを味わえるランチの営業も

「サンタカフェベーカリー グランママ」の築70年以上の雰囲気のある建物は元迎賓館。そこに“ワンランク上のパン屋”を目指し、2015年10月にオープンしたのが同店。商品ラインナップや素材の配合を変え、常時70種類のパンが並ぶ。

「サンタカフェベーカリー グランママ」の「超塩メロンパン(写真前194円)」「ミルキーサンド(写真中226円)」「クロワッサンBLT(写真奥324円)」。広々としたカフェで味わおう

オススメなのが「国産小麦の食パン」。国産の小麦を使用し、練乳を入れた生地は甘味があり、ふっくらと柔らかい。また、人気商品のメロンパンと塩バターのいいとこどりをした、「超塩メロンパン」(194円)は同店限定品。パンが主役のカフェを併設してあるので焼きたてを味わえる。

[サンタカフェベーカリー グランママ]福岡県久留米市篠山町393-1 / 0942-65-7778 / 8:00~19:00(フード~15:00、ドリンク17:30)

この記事の画像一覧(全13枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る