嵐山に行くならココにも注目!和のアフタヌーンティーやミッフィーパンが大人気!

2018年11月16日 16:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

京都嵐山には、唯一無二のアフタヌーンティーのほか、八ツ橋や半兵衛麸からは秋限定商品も。かわいいパンや施設のリニューアルも注目。<情報は関西ウォーカー(2018年11月6日発売号)より>

京都の和菓子の老舗とコラボした和のアフタヌーンティーが秋冬仕様に

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」内にある和モダンカフェ「茶寮 八翠」。京都の和菓子の老舗とコラボする開業3周年記念「和のアフタヌーンティー」の第5章として「俵屋吉富」とコラボ中。11:00~、13:00~、15:00~の3部制。

嵐山の情景を「俵屋吉富」の和菓子で表現する和のアフタヌーンティー(4536円・サービス料別)/茶寮 八翠

全ての画像を見る(9件)

【写真を見る】四季によって移ろう嵐山の景色や保津川、渡月橋を一望できる、大人気のテラス席/茶寮 八翠

築100年を超える歴史的建造物、旧「八賞軒」の伝統を継承する店内/茶寮 八翠

「和のアフタヌーンティーはここでしか味わえない和菓子もあり、人気です」と、アソシエイトの児玉幾子さん。

■茶寮 八翠<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都内 電話:075-872-1222 時間:11:00~17:00 休み:なし 席数:40席 タバコ:禁煙 駐車場:9台(120分無料) アクセス:嵐電嵐山駅より徒歩6分>

日本でココだけ!20種以上のミッフィーパンに行列

京都の伝統工芸品、清水焼とコラボした抹茶わんなど、和雑貨満載の「みっふぃー桜きっちん」。併設の「みっふぃー桜べーかりー」では、ミッフィーをテーマにしたパンが勢ぞろい!

キュートなミッフィーをかたどったあんパンやデニッシュが買えるのはここだけ/みっふぃー 桜きっちん

かわいい和雑貨も豊富にラインナップ。

「嵐山のメインストリートに面しているので、立ち寄りやすいですよ」と、スタッフの松岡文也さん。

■みっふぃー 桜きっちん<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20-27 電話:075-863-2022 時間:10:00~18:00 休み:なし 駐車場:なし アクセス:嵐電嵐山駅より徒歩5分>

秋味の八ツ橋やお麸など人気店の限定商品が続々登場

「嵐山 昇龍苑」は、「老舗はたのし。」をテーマに、京都で有名なブランドやショップが集結する施設。1階には京漬物や洋菓子など京都の味覚が味わえる店が並び、各店から秋限定の商品が登場する。

「マールブランシュ 嵐山店」の秋冬限定のマロン・ド・マール4個入り(950円)/嵐山 昇龍苑

「本家西尾八ッ橋 嵐山店」の芋あん・栗あんの生八ツ橋は11月限定。10個入り(540円)/嵐山 昇龍苑

「半兵衛麸 嵐山店」のスープdeお麸 ムラサキイモ(497円)は優しい甘さ。11月30日(金)までの限定販売/嵐山 昇龍苑

「老舗ならではの秋限定商品が登場中なので、おみやげにぜひお買い求めください」(嵐山 昇龍苑事務局)

■嵐山 昇龍苑<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺門前 電話:075-873-8180 時間:10:00~17:00 休み:なし 駐車場:なし アクセス:嵐電嵐山駅よりすぐ>

カフェなどを新設!百人一首の殿堂がリニューアル

「嵯峨嵐山文華館」では、「小倉百人一首殿堂 時雨殿」がリニューアルオープン。常設展示は内容を一新、120畳の大広間は畳に座ってくつろげるギャラリーに。庭に面したカフェではランチやスイーツも。

京都が生んださまざまな芸術・文化を紹介する企画展を年4回開催する/嵯峨嵐山文華館

2階からは嵐山や大堰川を見渡せる絶景が広がる。

■嵯峨嵐山文華館<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11 電話:075-882-1111 時間:10:00~17:00(最終入場16:30) 休み:火曜(祝日の場合翌平日) 料金:900円 駐車場:なし アクセス:嵐電嵐山駅より徒歩5分>

嵯峨天皇の写経を開封する60年に一度の伝統儀式

「旧嵯峨御所 大本山 大覚寺」は、弘法大師を宗祖と仰ぐ真言宗大覚寺派の本山。11月末まで、60年に一度の「戊戌開封法会」として、嵯峨天皇や後光厳天皇、後花園天皇をはじめとする勅封般若心経が特別公開される。

嵯峨天皇が818(弘仁9)年、戊戌の年に世の平安を願い、弘法大師のすすめで写経し勅封した般若心経が公開される/旧嵯峨御所 大本山 大覚寺

■旧嵯峨御所 大本山 大覚寺特別公開「嵯峨天皇宸翰勅封般若心経」<住所:京都市右京区嵯峨大沢町4 電話:075-871-0071 時間:9:00~17:00(最終受付16:30) 休み:なし 料金:500円、10・11月は1000円 駐車場:あり(有料) アクセス:JR嵯峨嵐山駅より徒歩20分>

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る