コスプレ美女も大興奮!1000倍サイズの巨大コントローラーでファミコンの名作ゲームをガチプレイ

2019年1月25日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版) ソムタム田井

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議 2019」(2019年1月26日・27日、幕張メッセで開催)。

さまざまなブースが出展され、人気ゲームのeスポーツ大会が実施されることでも話題の同イベントの中から、今回は「あそびホーダイエリア」(ホール6・7にて実施)にクローズアップ。

人気コスプレイヤーの霜月めあさん(@melomea030)と一緒に、同ブースに設置される巨大ゲームコントローラーを使って『スーパーマリオブラザーズ』に挑戦してみた。

【写真を見る】人気コスプレイヤーの霜月めあさんが、巨大コントローラーでゲームプレイに挑戦!

【写真を見る】人気コスプレイヤーの霜月めあさんが、巨大コントローラーでゲームプレイに挑戦!

「闘会議2019」で用意される巨大ゲームコントローラーは、写真のファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)をはじめ、スーパーファミコン、メガドライブの3種類。いずれもオリジナル版の約1000倍のサイズ(縦・横・厚み)で、会場ではこちらを使って、往年の名作ゲームを遊ぶことができる。

その大きさから、ひとりでは操作がおぼつかないゲームもあるので、ふたりで十字ボタンと各種ボタンの操作を分担。協力プレイでクリアーを目指す…といった楽しみ方ができるのも、同ブースならではの醍醐味だ。

準備が整い、霜月さんにはさっそく『スーパーマリオブラザーズ』をプレイしてもらうことに!

ひとりで挑戦するも、なかなか先に進めず…

ひとりで挑戦するも、なかなか先に進めず…

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」で本作をプレイし、全ステージをクリアーしたこともあるという霜月さん。とはいえ、やはりひとりでは、左右の移動やジャンプ、ダッシュといったアクションをこなすのは難しいようで、少々苦戦気味。

そこで、取材現場に居合わせた闘会議スタッフにも参加してもらい、協力プレイで再挑戦することに。すると、役割を分担したことでスムーズに進めるようになり、難所も楽々と突破。わずか数分で、後半のコースまで一気にクリアーする快進撃を見せてくれた。

十字ボタンとABボタン、2人で分担して遊ぶのも楽しい!

十字ボタンとABボタン、2人で分担して遊ぶのも楽しい!

そんな霜月さんに、巨大ゲームコントローラーの感想を聞いてみると、「通常のコントローラーと操作方法は同じだけど、大きくなったことでワクワク感がすごかったです!両手を広げないと操作できないので、体全体を使ってゲームをプレイする感覚が楽しいですね」と話してくれた。

こちらの記事で同ブースに興味を持たれた方は、ぜひ会場に足を運び、「闘会議2019」ならではのゲーム体験を楽しんでもらいたい。

通常のファミコンと巨大コントローラーを比較してみた

通常のファミコンと巨大コントローラーを比較してみた

すべての画像を見る(13件)

なお、「あそびホーダイエリア」では、赤外線銃を使って戦う「リアルFPS」や、人気ゲームの世界観を活かした「PUBG MOBILE あそびホーダイ」といったブースも展開する。“フライパン卓球”や、“Lv3 ヘルメット ペーパークラフト”の作成も楽しめるので、訪れた際はこれらも併せてチェックしよう!

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全13枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る