高知で海・山・川のアウトドアを楽しめるキャンプ場が続々登場!

2019年4月16日 16:21更新

関西ウォーカー 中村千里

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

 高知県では、アウトドア用品を販売するスノーピークが、県内キャンプ場のリニューアルや新規オープンを手がけており、2019年も続々オープンする。高知県の海・山・川を楽しめるそれぞれの施設のうち、既にオープンしている「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」を紹介しよう。

「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」は、手ぶらでもキャンプを楽しめる

全ての画像を見る(9件)

【写真を見る】2018年にオープンしたスノーピーク運営の「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」

高岡郡越知町では、透明度が高く美しいブルーの仁淀川を一望できるキャンプ場「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」が2018年春にオープン。同施設には車乗り入れ可能の全面芝生のオートサイトを含む、定員8人のテントサイト区画に30組と、10棟設置されている定員2人の「住箱-JYUBAKO-」トレーラーハウスとで、最大で40組が宿泊できる。目の前を流れる仁淀川は緩やかな流れで、子供も安心して川遊びができる。またキャンプ道具を持っていない初心者にもレンタルができるビギナープランも用意されており、またスノーピーク製品取り扱う直営店も施設内にあるので、気軽にキャンプを始められる。

豊富なキャンプ用品を取り揃えている店舗も併設されている

広いキャンプフィールドでキャンプを楽しもう

「住箱-JYUBAKO-」は、隈研吾デザインのトレーラーハウス。全体が木材で作られているこのトレーラーハウスは、内装はヒノキで作られており、ダブルベッド、テーブルといす、そしてエアコンが設置されている。キャンプ初心者でも安心してキャンプを始められるようになっている。定員は大人2人だが、ファミリーで使用したい場合は、子供の追加料金を支払うと使用できる(3歳未満は無料)。仁淀川沿いに作られたウッドデッキに設置されているので、このウッドデッキでバーベキューも楽しむことができる。非常に人気が高いので早めの予約がおすすめだ。

快適に過ごせる「住箱-JYUBAKO-」は、大きな窓から仁淀川を眺められる

川沿いのウッドデッキで、バーベキューを楽しもう

スノーピークは今回初めて、このキャンプフィールドでラフティング事業を始めた。コースは仁淀川の上流から穏やかな流れを下り、住箱が並ぶウッドデッキ辺りがゴールとなる。施設内には温水シャワーや、ライフジャケット、シューズのレンタルもあり、3歳から参加できるので、家族でチャレンジもできる。

ラフティングは年中体験できる。春からゴールデンウォーク頃が人気だ

また、この施設は手ぶらで来ても楽しめるオートキャンプ場。コンロはレンタルでも持ち込みでも可能で、食材は新鮮な地元の食材を周辺で購入できるようになっている。

ラフティング用具以外にも、様々なレンタル用品が用意されているので手ぶらでもOK

オートキャンプ場内で地元の新鮮な食材を使ったBBQを楽しもう

そのほかにも今後、同じ越知町に新たに住箱7棟が設置される「スノーピークかわの駅おち(宮の前センターハウス)」が4月下旬にオープンする。こちらの施設は、秋には150万本のコスモスが咲き誇る名所で、川遊びができるキャンプ場だ。キャンプだけでなく地元の特産品やお土産、キャンプ道具も取り扱う店舗も併設予定で、宿泊やカヌーツアーの利用客以外も使用できるシャワー室も完備される。

また、土佐清水市に4月下旬にできる「スノーピーク土佐清水キャンプフィールド」は、土佐清水市を代表する景勝地・竜串海中公園に隣接するキャンプ場がリニューアルオープンするもの。足摺海底館や、グラスボートなどで美しい海を満喫できる施設だ。今後益々増える、高知県の自然を体験できる施設に、大いに期待しよう。

「リョーマの休日 ~自然&体験キャンペーン~」特設サイトでは、「アクティビティジャパン」「アソビュー」「じゃらん」などのサイトの遊びと体験をまとめて検索することができる。高知体験の予約にぜひ利用してみよう。また高知を観光するなら「龍馬パスポートIII」がおすすめ!高知県内の主な観光施設約750で、お得に特典が受けられる。スタンプを集めるごとにステージアップしパスポートの色が変わる。ステージ1の青から、ステージ5のゴールドまでアップするたびに抽選でもらえる賞品がランクアップする。ステージ4のシルバー、ステージ5のゴールド、殿堂入りとなると、もれなくもらえるステージアップ賞品があるので、高知を目いっぱい巡るならぜひ手に入れよう!

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る