今年も開催中!横浜駅周辺のビアガーデンに行こう!

2019年6月12日 15:50更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

オープンエアで飲むビールが一段とおいしく感じるシーズンに突入!駅チカの施設では、それぞれ個性あふれるビアガーデンが開催中だ。食べ放題ブッフェや、こだわり食材のBBQなど、夏本番を前に早くも盛り上がっています♪

2019年はラウンジ席も!「海の見えるそごう屋上ビアガーデン」

【写真を見る】「海の見えるそごう屋上ビアガーデン」は、食べ放題、飲み放題で大満足。時間無制限(4,500円)※最大6時間、 アーリータイム16:00~17:30(2,900円)ほか
(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

全ての画像を見る(9件)

女性客の利用が6割以上、そごう横浜店の屋上ビアガーデン。月替りの熱々限定メニューや、横浜をイメージしたブルーのオリジナルカクテル、+200円のクラフトビール「隅田川ブルーイング」4種も魅力だ。1日2組限定のラウンジ席は今回初登場。ゆったりとおしゃべりを楽しめるので女子会にもおすすめ。

ラウンジ席プランが今年から初登場。各日限定2組(1組8名)。専用ドリンク付き(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

「デジキュー BBQガーデン 横浜ジョイナス店」は好きな食材を持ち込んで!

全ソファ席にテー ブルコンロを設置した「デジキュー BBQガーデン 横浜ジョイナス店」。食材持ち込みプラン(席料・機材レンタル料)1人(2,160円)、ビール飲み放題(+1,404円)ほか(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江

食材や飲み物を自由に持ち込んでBBQができる。持ち込みなので食物アレルギーの心配もなく、全席ソファなのでファミリーにもぴったり。必要な器具やわずらわしい炭の準備も不要だ。単品ドリンクは生ビール(540円)、アルコール缶(216円〜)、ソフトドリンク(162円)など。

今年から全席ソファ席にチェンジ。 ゆったりと落ち着いて、BBQを楽しめるスタイルに(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江

「横浜モアーズ 食べ放題BBQビアガーデン」はタパスと肉が食べ放題!

コリアンビーフ、エスニックスパイシーポ ーク、旨辛チキンなどアジアンBBQが特徴の「横浜モアーズ 食べ放題BBQビアガーデン」。2時間(3,996円)、無制限(4,968円)ほか(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江

全天候に対応し、開放的な屋外スペースのほか、雨天は室内でもOK。牛、豚、鶏肉が食べ放題のアジアンBBQに、エスニック・タパス・バイキングやかき氷、シャカシャカポテトなどのフードメニューが豊富にそろい、家族で楽しめる豊富なメニュー展開だ。

「タイ風海鮮春雨サラダ」など、エスニックなサラダや前菜も豊富(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江

ほかにも、北海道の食材を満喫できる「横浜ベイクォーター」の「北海道 空の下ビアガーデン」、上質なポークやビーフをBBQで味わう「ルミネ横浜店」の「BBQ-TOPIA YOKOHAMA MID TOWN」など、横浜駅周辺にはビアガーデンがたくさん!

次の飲み会は、横浜駅の駅チカ・ビアガーデンに決まり!

【取材・文=A-un、濱口真由美/撮影=奥西淳二、後藤利江】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る