友人同士でハマる!神奈川の梅雨でも楽しめる屋内スポット

2019年7月9日 16:59更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ジメジメした梅雨の季節は、ついつい遊びに出かける足も鈍りがち。そこで家族や友人同士、一人など雨の日でも存分に楽しめる無料&300円以下の屋内スポットを紹介!

日常生活に潜む科学の謎を解明

「サイエンスショー」では光や色、空気といった身近な題材をテーマに科学の不思議を解明して教えてくれる

「サイエンスショー」では光や色、空気といった身近な題材をテーマに科学の不思議を解明して教えてくれる(C)撮影=遠藤 潤

科学技術を学べるサイエンスゾーンや最新技術を紹介するフューチャーゾーンなど、ためになる展示が多数ある「東芝未来科学館」。科学の興味が湧くサイエンスショーをはじめ、「ナノライダー」などアミューズメント的な体験も充実。

【写真を見る】スマートフォンの半導体の世界を体験シュミレーションできる「ナノライダー」

【写真を見る】スマートフォンの半導体の世界を体験シュミレーションできる「ナノライダー」
(C)撮影=遠藤 潤

すべての画像を見る(8件)

■東芝未來科学館  住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-34ラゾーナ川崎東芝ビル2F 電話:044-549-2200 時間:9:30~17:00 土曜、日曜、祝日10:00~17:00 休み:月曜(祝日の場合翌日)、第4日曜 料金:無料 駐車場:なし アクセス:JR線川崎駅西口より徒歩1分

日本の宇宙研究の中核地で宇宙へのロマンを感じよう

小惑星探査機「はやぶさ2」の実寸台模型と「小惑星リュウグウ」の形状推定モデル

小惑星探査機「はやぶさ2」の実寸台模型と「小惑星リュウグウ」の形状推定モデル(C)撮影=遠藤 潤

実物大の小惑星探査機「はやぶさ2」をはじめ、宇宙科学にまつわる興味深い展示物がズラリと並ぶ。宇宙関連の資料をそろえた図書コーナーもある。世界最大級の能力を誇る固体燃料ロケット「M-V ロケット」の実機は屋外に展示。

「宇宙探査実験棟」の見学と「宇宙科学探査交流棟」の特定の展示やテーマについての解説ツアーも実施

「宇宙探査実験棟」の見学と「宇宙科学探査交流棟」の特定の展示やテーマについての解説ツアーも実施(C)撮影=遠藤 潤

■JAXA 相模原キャンパス(宇宙科学研究所) 宇宙科学探査交流棟 住所:神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1 電話:050-3362-3540 時間:10:00~17:30(最終入館17:15) 休み:月曜(祝日の場合翌日)、7月9日~11日(木)、年末年始、臨時休館日 料金:無料 駐車場:あり(無料) アクセス:JR線淵野辺駅南口よりバスで約10分

トラックやバスに触って乗って体験!

エントランスにはいすゞ初のトラック、「ウズレーCP型」が展示されている

エントランスにはいすゞ初のトラック、「ウズレーCP型」が展示されている(C)撮影=遠藤 潤

いすゞ自動車の企業ミュージアム「いすゞプラザ」。毎日の暮らしを支える、働く車が活躍する巨大ジオラマや車づくりのすべてを楽しく学べる体験型展示など、見どころ多数。普段は近くで見られないトラックやバスの実写展示も。

実際に触れる実写展示

実際に触れる実写展示(C)撮影=遠藤 潤

■いすゞプラザ  住所:神奈川県藤沢市土棚8 電話:0466-41-5811(受付火曜~金曜) 時間:10:00~17:00(最終受付16:00)※平日完全予約制、土曜、祝日は見学自由・予約不要 休み:日曜、月曜(祝日の場合翌平日)、夏季休暇、年末年始、GW 料金:無料  駐車場:100台(無料) アクセス:相鉄線ほか湘南台駅東口より無料送迎バス約10分

【取材・文=エディターズ・キャンプ/撮影=遠藤 潤】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る