台湾スイーツ“豆花”が人気急上昇!大阪・神戸の人気店3選

2019年9月2日 08:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

豆乳を固めて作る、台湾の定番あっさりスイーツ「豆花」が今大人気!ツルツル食感&手作りシロップの魅力にハマる人続出中。そんな豆花の名店をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2019年18号)より>

「元気茶房」台湾料理専門店で味わえるピーナッツ入り豆乳の自家製豆花


現地の茶房にほれ込んだ店主が展開する台湾料理専門店。台湾茶やハーブティー、定番フードをはじめ本場の味にひと手間加えた自家製スイーツもそろう。こだわりの豆花はオリジナル豆乳でより香ばしい味わいが楽しめる。

「豆花(大豆プリン)」(700円)/元気茶房


ブレンド豆乳を漉(こ)して固めるため舌触りがいい。シロップは黒糖と生姜の香りがほのかに広がる。

オリジナルのブレンド豆乳は、茹でたピーナッツと大豆から抽出/元気茶房


店内の壁にはカラフルな絵画がずらりと並ぶ。子供連れでも利用しやすい、ローテーブル席があるのもうれしい/元気茶房


店前には、手描きイラストがかわいいメニューボードが/元気茶房


「約52種のハーブからお客様に合わせてブレンドするハーブティー(700円)もおすすめ。豆花と台湾茶のスイーツセット(1200円)もありますよ」と、店主の長谷場宣宏さん。

■元気茶房<住所:大阪市天王寺区逢阪2-4-22 電話:090-7766-7265 時間:11:00~19:00(LO) 休み:月曜 席数:16席 タバコ:禁煙 駐車場:なし JR、地下鉄天王寺駅より徒歩7分>

「春水堂 グランフロント大阪店」トッピングをカスタマイズして自分好みの豆花に仕上げる!


台湾茶専門店として創業し、タピオカミルクティーの発祥の店としても連日行列の台湾カフェ。メニューの数も豊富で豆花も絶品。シロップはジャスミンティーベースで仕込んでいるため、風味がよく大豆の香ばしさも引き立つ。

【写真を見る】一番人気は豆花 タピオカ、マンゴー、いちご、小豆トッピング(700円)/春水堂 グランフロント大阪店


一番人気の4種のトッピング。豆花自体に甘味はほぼなく、大豆の味わいをダイレクトに感じられる。

フルーツなど各50円のトッピングが7種から選べる。ベースの豆花は500円/春水堂 グランフロント大阪店


店内はアジアンモダンな雰囲気/春水堂 グランフロント大阪店


「当店は品質管理を徹底しているため、豆花のトッピングにも使用しているタピオカは仕込みから3時間以内のものだけを提供しています」と、スタッフの小野田愛子さん。

■春水堂 グランフロント大阪店<住所:大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪 うめきた広場B1 電話:06-6131-8520 時間:10:00~22:00(LO21:30、テイクアウトは21:45) 時間:グランフロント大阪に準じる 席数:31席 タバコ:禁煙 駐車場:グランフロント大阪の有料駐車場を利用 アクセス:JR大阪駅と直結>

「天福茗茶」台湾出身の店主手作りのなめらかな豆花に夢中!


中国茶専門店「天仁茗茶」の姉妹店。南京町に店を構えていて、高級な中国茶を楽しめるほか、台湾出身の店主が自家製豆乳で手作りするなめらかな豆花のトリコになる人が続出中。有機栽培の国産大豆を使った豆花はテイクアウトも可能。

豆花(600円、タピオカトッピング+50円)/天福茗茶


豆腐よりも柔らかな食感を目指した豆花は驚くほどのプルンプルン。豆の風味もしっかりと感じられる。

70~80℃の温度を保ちながら豆乳をゆっくりかき混ぜることで唯一無二の食感に/天福茗茶


店内には台湾で買い付けした茶器がズラリと/天福茗茶


「香ばしい三温糖をベースに、黒糖をアクセントとして入れた自家製シロップも、現地の味を忠実に再現。優しい甘さが豆花にぴったりですよ」と、スタッフの森内史恵さん。

■天福茗茶<住所:兵庫県神戸市中央区栄町通2-8-15 電話:078-333-0229 時間:ショップ10:00~19:00、カフェ11:00~18:00(LO17:30) 休み:不定休 席数:30席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:JR、阪神元町駅より徒歩5分>

編集部

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る