ランチもバル使いもOK!大人気の「うめだフードホール」注目グルメ5選

2019年10月3日 8:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

UMEDA FOOD HALLは、阪急梅田駅に併設した「阪急三番街」の北館地下2階にある「食」を楽しめるダイニングエリア。モダンな空間で酒と食事をバルのように楽しんだり、女性にオススメの美食が豊富に選べたりと、5つのエリアに分かれる。そんなUMEDA FOOD HALLから、注目グルメをご紹介!<※情報はウォーカームック 一日中使える梅田の朝昼晩!(2019年7月発売号)より>

チキンライス&小籠包の最強コンビ

「果香×ツル商店」のコラボセット(1382円)/UMEDA FOOD HALL

「果香×ツル商店」のコラボセット(1382円)/UMEDA FOOD HALL

すべての画像を見る(5件)

シンガポールチキンライス、小籠包、サンピン茶の3点セット。赤伊勢鶏のチキンライスは、タオチオ、スイート、チリの3種のソースで!

大阪限定のクロワッサンサンド

【写真を見る】「&COFFEE MAISON KAYSER」のたっぷり卵サラダとキャベツのトリュフの香り(480円)/UMEDA FOOD HALL

【写真を見る】「&COFFEE MAISON KAYSER」のたっぷり卵サラダとキャベツのトリュフの香り(480円)/UMEDA FOOD HALL

店内で焼き上げるクロワッサンに、キャベツや卵など、お好み焼きをイメージした具をサンドした大阪限定メニュー。

米農家が手がける米が主役のリゾット

「お米料理 リゾット☆スター」のカルボナーラリゾット(980円)/UMEDA FOOD HALL

「お米料理 リゾット☆スター」のカルボナーラリゾット(980円)/UMEDA FOOD HALL

自家製鶏ブロード(ブイヨン)と、自社栽培のお米、温泉卵のハーモニーが絶妙でやみつきに。白米か玄米が選べる。

サクサク生地ととろとろ卵の新食感

「Italian Dining PESCA」のベーコンとトロトロ半熟玉子のパイッツァ(1080円)/UMEDA FOOD HALL

「Italian Dining PESCA」のベーコンとトロトロ半熟玉子のパイッツァ(1080円)/UMEDA FOOD HALL

パイ生地をピザにしたパイッツァ。サクサクの生地と、とろ~りとした半熟卵の絶妙なバランスで高い人気!

ピリッとした刺激にビールをグイッと!

「NY DELI STYLE」のチキンオーバーライス(780円)UMEDA FOOD HALL

「NY DELI STYLE」のチキンオーバーライス(780円)UMEDA FOOD HALL

数種のスパイスに漬け込んだチキンとピリ辛ソースが刺激的。ビールがグイグイ進む、夏にぴったりの一品。

■UMEDA FOOD HALL<住所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館B2 電話:06-6371-3303 時間:10:00~23:00(店により異なる) 休み:不定休 席数:約1000席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急梅田駅と直結>

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る