五感を使っていちごを堪能!京都センチュリーホテルでストロベリーフェア開催

2019年12月9日 16:00更新

東京ウォーカー ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

京都センチュリーホテルは、2020年1月11日(土)から3月29日(日)の土曜と日曜限定で、「Super Strawberry Fair 2020 ~Five Senses~」を開催する。毎年、いちごをふんだんに使用した可愛らしいスイーツとテーマにあわせた空間演出が人気のストロベリーフェア。今回は異なる2つのスタイルで実施する。

2つのスタイルでストロベリースイーツを満喫できるフェア開催

2つのスタイルでストロベリースイーツを満喫できるフェア開催

すべての画像を見る(8件)

8種類のいちごスイーツをゆったり楽しむ「Strawberry Box」

【写真】8種類のストロベリースイーツを楽しめる 「Strawberry Box」はまさに“いちごの宝箱”

【写真】8種類のストロベリースイーツを楽しめる 「Strawberry Box」はまさに“いちごの宝箱”

いちごのスイーツが詰まったボックススタイルは、蓋を開けると広がるいちごの香りやパチパチと弾ける音が五感を刺激する。8種類の愛らしく美味しいパティシエ特製のストロベリースイーツが、テーブルでゆっくり楽しめる。(※提供は7歳以上、1人1箱限定)

全てのスイーツに「あまおう」を使用したビュッフェ

サブテーマは「Five Senses」五感で楽しむスイーツが登場

サブテーマは「Five Senses」五感で楽しむスイーツが登場

ビュッフェスタイルでは、芳醇でみずみずしい味わいが特徴の「あまおう」を使用したグラススイーツやショートケーキのほか、アイスクリームや焼きたてのスコーンが登場。「あまおう」ならではの香りや食感を、シェフパティシエの巧みな技術とセンスでバラエティ豊かに堪能できる。さらに、まるでいちご摘みをしているような感覚で個性豊かないちごそのものの味わいを楽しめる、フレッシュいちご約10種類の食べ比べなども用意されている。

アペタイザーやクロワッサンサンドをはじめ、開催中のビュッフェメニューからシェフがおすすめメニューを用意

アペタイザーやクロワッサンサンドをはじめ、開催中のビュッフェメニューからシェフがおすすめメニューを用意

このほか、シーズンごとに異なるテーマでビュッフェを開催している「オールデイダイニング ラジョウ」のシェフならではの料理や、 ローズヒップティーとミックスベリーをベースに爽やかなフルーツで仕上げた“体の中からキレイに”がテーマのドリンク「フルーツティーモヒート」など、フードもドリンクもラインナップが充実している。

華やかな装飾と上質な音楽による空間演出にも注目

また、女性に人気の京都発祥ライフスタイルショップ「INOBUN」がコーディネートした店内装飾にも注目を。数々の空間アワードを受賞したスタイリッシュな空間が、大人仕様のいちご畑にドレスアップして来場者を迎える。

ボックススタイルとビュッフェスタイル、2つのスタイルで楽しめるストロベリーフェア。優雅な空間の中でいちごを堪能しよう。

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る