お台場ヴィーナスフォートの天井が星の海に!?

2015年11月13日 21:18更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

お台場・ヴィーナスフォートに2016年3月13日(日)まで、プロジェクションマッピングショー「Venus Starium」が登場する。

メイン会場の噴水広場は「VENUS STAR ZONE」となり、星座盤モチーフの映像が天井に映し出される※画像はイメージ

メイン会場の噴水広場は「VENUS STAR ZONE」となり、星座盤モチーフの映像が天井に映し出される※画像はイメージ

すべての画像を見る(2件)

プロジェクションマッピングは、東京駅「TOKYO HIKARI VISION」や、「新江ノ島水族館ナイトアクアリウム」の企画・演出を手がけた、NAKED Inc.によるもの。

1時間かけて朝・夕焼け・夜空に変化する空を模したヴィーナスフォートの天井を活かし、美しい星空と海の世界が融合したプロジェクションマッピング映像と、音楽、照明がリンクしたショーが行われる。

サウスアヴェニューとノースアヴェニュー、ブロードアヴェニューは「WELCOME ZONE」として、星空が美しい海の世界へと変化する映像が流れる。

噴水広場は「VENUS STAR ZONE」となっており、星座盤をモチーフにした映像が流れるほか、金星を模した特殊なミラーボールオブジェが光り輝く。

「AROUND IN THE SEA ZONE」となるオリーブ広場では、鐘の音と共に壁が動き、開いた穴の奥に海が見え、深海の生物やクジラがやってくる演出が楽しめる。ショーは12時以降の毎時00分と30分から約10分間展開され、映像と音楽、照明がシンクロした幻想的な世界が広がる。

ヴィーナスフォートの天井に現れる、最新のプロジェクションマッピングは見逃せない!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る