橋本環奈がキャナルシティ博多で4DXを初体験

2015年12月17日 17:04更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

キャナルシティ博多(福岡市博多区)にある「ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13」は12月18日(金)、体感型アトラクション・シアター4DXがオープンする。それを記念して12月16日、スペシャルサポーターの橋本環奈が4DXを初体験した。

「ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13」には、プライベートでもよく映画を観に来ていると話す橋本。初の4DX体験にドキドキしながら座席に座った


同館にオープンする4DXとは、映画のシーンに合わせて前後上下左右に座席が動いたり、雨・風・雪などの特殊効果によって、通常の映画館では味わうことができない臨場感を体験できるシステムだ。

【写真を見る】まるで、遊園地のアトラクションのように揺れる座席に驚く橋本環奈。その迫力に圧倒されていた


報道陣の前で、初の4DXの世界を体験した橋本環奈は、動く座席などの特殊効果に驚きつつも楽しんだ様子。体験後、感想を求められると、「これは映画ではなくて、アトラクションですね!映画の中に入ったみたいに、その世界を体感することができるので、すっごく楽しいです。今度は、メンバーと一緒に来たいです。でもキャーキャー騒いでうるさいかも」と話した。

予想以上の体感に、すぐに感想がでてこないほど驚いたと話す橋本。メンバーや友達と必ず来ます!と宣言していた


「ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13」は、今回の4DX導入によって、既存のIMAXデジタルシアターと4DXが、1つのシネコンに存在する、九州で唯一の映画館となる。今までとはまったく違う臨場感あふれる映画の世界を体感しに出かけてみよう!【福岡ウォーカー】

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

ページ上部へ戻る