ピリリとしびれる京スイーツ!京都土産に使える山椒チョコが新登場

2016年11月8日 21:06更新

関西ウォーカー 横井哲也

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

京都の七味専門店「おちゃのこさいさい」が、新商品の「ピリリチョコ-山椒-」(12個入り702円)を11月1日から発売した。

「ピリリチョコー山椒ー」は12個入りで702円。パーティーの差し入れなどにもぴったり

「ピリリチョコー山椒ー」は12個入りで702円。パーティーの差し入れなどにもぴったり

「ピリリチョコ」は、“京で親しまれる和のスパイスと、異国のひと口スイーツが出会ったら”との発想から誕生したチョコレート。名前通り“ぴりり“とした心地よさが広がる新しい味わい。シリーズの第1弾の山椒は、おちゃのこさいさいの七味唐辛子に入っている、朝倉山椒を石臼で細かく挽いて使用している。

個別包装された装を開けると山椒の高い香りがふわりと広がる

個別包装された装を開けると山椒の高い香りがふわりと広がる

朝倉山椒は、柑橘系の風味が広がる爽やかな山椒で、甘さ控えめのチョコレートとの相性も抜群。“ぴりり”と感じるしびれ成分が、味覚を活性させ舌の感度を高める効果があるとされるため、リッチなお茶やウイスキーと一緒に楽しむと、より深い味わいになる。

【写真を見る】箱を開けると、まるで京都の街並が広がるような仕掛け

【写真を見る】箱を開けると、まるで京都の街並が広がるような仕掛け

京風のレトロな小箱は、中を開けると京都タワーや清水などの観光名所が描かれており、京都の新しい土産として話題を呼びそう。【関西ウォーカー編集部/横井哲也】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る