体が消える、丑の刻参り…事故物件住みます芸人・松原タニシが体験した愛知県の心霊スポット3選

東海ウォーカー

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

現在10軒目の事故物件に住んでいるという、事故物件住みます芸人の松原タニシさん。2012年よりテレビ番組の企画から、事故物件に住み始め、そこで起きた不思議な体験が話題に。さらに著書の「事故物件怪談 恐い間取り」を映画化した「事故物件 恐い間取り」が、2020年8月28日(金)に全国公開を迎える。
事故物件だけではなく、日本各地の心霊スポットを巡り、動画配信や怪談イベントなどでも活動を展開する松原さんに、今まで訪れた中で本当に怖かった愛知県の心霊スポットを聞いてみた。猛暑が続くこの時期に、背筋がひんやりするリアルな恐怖体験を紹介しよう。

事故物件住みます芸人の松原タニシさん。これまでに大阪、千葉、東京、沖縄の10軒の事故物件に住んだ経験があるSUSIE


3位/悲恋伝説が残るA坂とB坂。真っ暗闇から赤ちゃんの泣き声が…


【松原タニシ】江戸時代に辻斬りが横行していたというA坂という場所。今は道もキレイになって、そこまで怖い雰囲気はなく、その隣のB坂のほうが真っ暗で実は怖いんです…。
この地に伝わる昔話ですが、かつて、位の高いお侍さんと恋に落ちた若い娘が、子供を身ごもったけれど、身分の違いで結ばれず、子供を近所の人に預けて、出家して尼になった。しかしつらい気持ちに耐えられず、A坂の木で首をつって自殺してしまう。その残された子供は、お母さんを探すためなのか外をさまよい、結局餓死してしまった。その場所がB坂でした。
B坂は、今もとにかく真っ暗で、坂に面したマンションや一軒家も建ってるけど、なぜか全部廃墟。道路沿いの大きいマンションは廃墟じゃないけど、角部屋だけ誰も住んでいない。あそこは気持ち悪いですよ。
YouTubeでオカルト部っていうチャンネルがあって、ユーチューバーの向(むこう)さんと深夜にそこを歩いてみたんです。そしたら「ぐーーー」て鳴ってるから、「向さん、おなか鳴ってるやん(笑)」って言ったら、向さんは「ちゃうちゃうちゃう、赤ちゃんの声や!バブーって…」。向さんはその時、この坂にまつわるエピソードを知らなかったから、本当に赤ちゃんの声が聞こえたんやと思います。

7月に発売された「事故物件怪談 恐い間取り2」。新たな事故物件の話、1〜5軒目の後日談などが収録されている

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る