スキー場で競う、群馬県利根郡みなかみ町で「雪玉アイスタワー選手権」と「ソリリンピック滑走距離大会」が開催中

2021年2月14日 12:15更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

群馬県利根郡みなかみ町の藤原スキー場で、丸めた雪玉を何段積み上げられるかを競う「雪玉アイスタワー選手権」が3月21日(日)まで開催中。

「雪玉アイスタワー選手権」は2015年から続く人気のイベントだ写真は主催者提供


「雪玉アイスタワー選手権」は、雪玉つくり器を使って2人1組でカップに雪玉を積み上げていき、積み上げた段数を競う大会。予選は制限時間1分、決勝は制限時間2分で競う。参加にあたり年齢制限はなく、子供の参加はもちろん、大人同士のペアでも参加できる。

また、藤原スキー場では、ソリの滑走距離を競う「ソリリンピック滑走距離大会」も3月14日(日)まで開催されている。参加できるのは未就学児から小学校6年生までで、1人でソリに乗れることが条件。1人ずつ滑走し、ソリが止まってしまった地点にマーキングしていき、最も遠くまで滑ることができた選手が優勝となる。

【写真】スキーができない子供も楽しめる「ソリリンピック滑走距離大会」写真は主催者提供


「雪玉アイスタワー選手権」は勝者に、「ソリリンピック滑走距離大会」は1位から3位までに、併設温泉旅館の貸切露天風呂入浴券などの賞品が用意されている。

「雪玉アイスタワー選手権」と「ソリリンピック滑走距離大会」に参加してみよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

特集

ページ上部へ戻る