キャンプ場徹底解剖!「エナジーアクティブフィールドしらお」(岐阜県郡上市)|24時間レンタルなど充実のサービスをチェック!

2022年6月14日 13:19更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

岐阜県郡上市にある「エナジーアクティブフィールドしらお」は、東京ドーム約18個分の巨大な敷地面積と、リゾート施設のような快適さが自慢の高規格キャンプ場だ。

そこで、「エナジーアクティブフィールドしらお」に行きたいと思っている人のために、各サイトの設備やサービスなどを、取材スタッフが実際に現地で確かめてきた。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。

標高約700メートルの山あいにある、2021年3月に誕生した新しいキャンプ場

水道やAC電源完備のキャンプエリア1

天然芝が気持ちいいキャンプエリア1はA〜Nまで14サイトあり、各サイトの面積は約250〜650平方メートルとかなり広い。約650平方メートルのサイトになると4〜5つのテントを張ることができ、複数のファミリーやグループなどのキャンプ利用に最適だ。サイトによって料金は異なるので、目的や用途に合わせて選ぶのがいいだろう。すべてのサイトに水道と安全のための消火器が完備されていて、2つのドッグランサイトを除いたすべてのサイトにAC電源も設置されている。

もっとも広いサイトLは約650平方メートル。最大24名での利用が可能photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

AC電源や消火器を完備。快適に過ごせる設備充実のキャンプ場だphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

水道が各サイトにあるので、食器洗いなども楽々photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

見晴らし抜群!ドッグランサイトは2種類

リードなしで過ごせるよう柵で囲われたドッグランサイトは、広さは約250平方メートルと約330平方メートルの2種類。キャンプエリア1の開けた場所にあって見晴らしがよく、犬も走り回れる広さになっている。天然芝で水道が設置されているのもポイントだ。

そのほかにも、より贅沢な時間を過ごせるロフトテラスサイトやガゼボテラスサイトなどがある。キャンプエリア1のサイトは車を横付けするのはOKだが、荷物を降ろしたら専用のパーキングに移動させよう。

ドッグランサイトは2つある。こちらも複数のテントが張れる広さだphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

サイトAから見た、下段サイトの全景。緑に囲まれた心地いいロケーションphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全26枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る