「皆さんと出会えたことは運命」NMB48・梅山恋和卒業コンサートレポ!“梅山本”復活と上西怜からの手紙

2022年4月8日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2022年3月26日、「NMB48梅山恋和卒業コンサート~恋のおまじないが解ける前に~」がロームシアター京都で行われ、NMB48 5期生の梅山恋和が約6年間のアイドル活動の集大成を披露。同期の卒業生、山本彩加と溝川実来も駆けつけ、グループを牽引してきた彼女の卒業を祝福した。

今回は「ポッター平井の激推しアイドル!」番外編として、その模様をレポート。

卒業コンサートを開催した梅山恋和(C)NMB48


安部若菜から梅山恋和にまさかのクレーム!?

2022年3月26日、京都。梅山の卒業を惜しむように降り続く雨が、咲き始めた桜の花を濡らしていた。会場には彼女のラストステージを見届けようと、老若男女のファンが集結した。

幕が上がると、ステージの中央に置かれたベッドの上に梅山が横たわっている。『やさしくするよりキスをして』のイントロが流れ、起き上がって歌い始めると王道アイドルのキラキラ感を放ち、ココナワールドに誘っていく。2曲目以降はほかのメンバーも加わり、会場中に咲いた笑顔の花は満開に。

『やさしくするよりキスをして』を披露した梅山恋和(C)NMB48

『落とし穴』ではベッドに座ってパフォーマンス!(C)NMB48


最初のMCで梅山は「無事に卒業コンサートを開催することが出来てうれしいです。私の思い出がいっぱい詰まった曲を準備してきたので、楽しみにしていてください!」と意気込みを語り、ユニットコーナーへ。

梅山が本郷柚巴と『ハートの独占権』を披露した直後、MCに登場した安部若菜が「仲良しの本郷柚巴さんとのコンビも良かったですね」と称賛しつつ、「ただ1つだけ言いたいことがあるんですけど、私、ココナさんとMBSラジオで『NMB48のTEPPENラジオ』という番組をやらせていただいていて、その時にココナさんが『わかぽんとハートの独占権をやりたい』って言っていたんですけど、どういうことですか!」とクレームを入れ、会場は爆笑。

元同期・山本彩加と溝川実来がサプライズで登場!

続いてAKB48の山内瑞葵とWセンターを務めた『モニカ、夜明けだ』を、ダンス選抜ユニット・だんさぶる!の石田優美・加藤夕夏・川上千尋・小嶋花梨と共にパフォーマンスするなど、かっこいいココナをアピール。さらに2016年6月28日にNMB48劇場で5期生が初パフォーマンスした楽曲『てっぺんとったんで!』を、同期の現役メンバー、小嶋花梨・上西怜・中川美音と4人で披露。バックには初お披露目の懐かしい映像も。

研究生当時の思い出のナンバー『太陽が坂道を昇る頃』では、特に仲良しだった同期の卒業メンバー、溝川実来が登場!溝川にとって「(卒業以来)4~5年ぶり」というステージを5人で楽しんだ。

左から上西怜・梅山恋和・溝川実来・小嶋花梨・中川美音(C)NMB48


その後は渡辺美優紀のソロ曲『わるきー』をアレンジした『わるここ』で最強のアイドル姿を見せたかと思えば、『抱きしめられたら』ではセクシーなココナに。歌詞に合わせた切なげな、大人の表情を見せた。

『わるここ(わるきー)』を披露した梅山恋和(C)NMB48


ステージのセンター後方から前方に向かって歩く2人のシルエット。照明が当たり、梅山の隣に立っていたのは昨年3月に卒業した同期の「あーやん」こと、山本彩加。『だってだってだって』でWセンターを務めた梅山本コンビの1年ぶりの復活に、会場のボルテージは急上昇!山本彩加のブランクを感じさせないパフォーマンスも見事だった。

山本は「皆さん、お久しぶりです!ココナから『卒業コンサートに出てほしい』という連絡をもらって、来させていただきました。本当にありがとうございます!」と挨拶。梅山は「『私が卒業コンサートをする時は来てな』って言っていたんですけど、まさか本当に来てくれるとは思っていなかったのでうれしいです!」と、喜びを語った。

『だってだってだって』を披露した山本彩加・梅山恋和(C)NMB48


上西怜とWセンターを務めた最新シングルのダンスナンバー『恋と愛のその間には』を選抜メンバーでクールにパフォーマンスした後は、何度もセンターを務めた『僕らのユリイカ』を全員で披露して本編を締め括った。

梅山恋和・上西怜のWセンター!(C)NMB48

左から本郷柚巴・小嶋花梨・渋谷凪咲・梅山恋和・川上千尋(C)NMB48


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全14枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る