グランピング徹底解剖!「伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング」(静岡県伊東市)|“もはやホテル!?”のハイクオリティ。徹底したおもてなしで、贅沢なアウトドアバカンスを

2022年6月2日 11:54更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

伊豆半島にある静岡県有数のレジャースポット「伊豆シャボテン動物公園」(以下、シャボテン動物公園)の隣にある「伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング」。キャビン型バス&トイレがドームテントに連結した新感覚の“充実グランピング”を体験してきた!

伊豆屈指のリゾートエリアに位置する「伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング」


【ロケーション】伊豆屈指のパワースポット「大室山」のふもとで、大自然の恵みを感じる

東京駅から特急踊り子号で約2時間30分。伊豆高原駅、または伊東駅から路線バスに乗り、バス停「シャボテン公園前」で降りれば、グランピング施設はすぐ。車ならば、東名高速道路・厚木IC、沼津ICで降り、約1時間20~40分ほどで到着する。

グランピング施設は「シャボテン動物公園」に隣接する

施設内に入ると、伊東市のシンボルで標高580メートル、国指定天然記念物の「大室山(おおむろやま)」が厳然と佇む。春には、美しいグリーンのじゅうたんに覆われたような山のフォルム、秋には一面のススキ野原が広がる様は圧巻だ。天気がよければ登山リフトに乗って山頂まで登り、ぜひ周囲の景色を楽しんでほしい。

【写真】羽田空港から伊豆半島の上空を飛ぶ飛行機に乗ると、空から確認ができるほど「大室山」は山の形がユニーク


【グランピングサイト】和室・洋室・和洋室の3タイプの部屋は、老若男女を問わず快適

グランピングの広い敷地内には、18のテントサイトが並ぶ。時にはシャボテン動物公園から、クジャクたちがゆるっと散歩にやって来ることもあるとか!

小道に沿って並んでいるテントサイト

さっそくフロントでチェックイン。軽食やドリンク類の販売、ゲーム類の貸し出しもあり、幼児には小さなぬいぐるみがプレゼントされるという特典も。

フロントは、緑のドアが目印

フロントの売店では、便利なインスタント麺も販売されている

伊豆クラフトビール、伊豆のフルーツを使った日本酒もフロントで購入可

カードやゲーム類の貸し出しもある

幼児にプレゼントされるぬいぐるみたち

18あるテントサイトの部屋は、3タイプに分かれている。テントは一部がスケルトンになっていて外の景色が見え、夜はカーテンが閉められる仕様に。もちろん冷暖房完備で、和室と和洋室にはコタツが用意されており、冬場もぬくぬくと過ごすことができる。

チェックインしたら、さっそく自分の部屋へGO!

部屋の中には愛らしいウェルカムカードが置かれていて、ほっこり

ベッド、チェアーベッドを備えた洋室や、布団を敷いて利用する畳敷きの和室、ベッドと布団を設えた和洋室があり、好みに応じて部屋のタイプが選べる。子供からシニア層まで快適に過ごせそうだ。※3歳以下宿泊不可

カップルがゆっくり過ごすのに最適な洋室。2〜5人宿泊可

子供が自由に遊んだり、シニア層がゆったりくつろげる和室。2〜6人宿泊可

グループで宿泊するのにおすすめの和洋室。ベッドカバーの柄もキュート。2〜5人宿泊可

洋室の1室のみ、小型犬との同宿がOK。ケージ、ペットシーツなどのペットアイテムも備わり、部屋の外には専用ドッグランも完備。

ペットOKの部屋では、ペットシーツ、消臭スプレー、ペット専用タオル、毛を取る粘着テープを無料で使える

小型犬用のペットケージも用意されている

ペット連れの宿泊者が専用で使えるドッグラン。わんこが思い切り走り回れる

宿泊人数分のお茶・水・コーヒーが用意され、テレビやBluetooth対応のスピーカーもあるので、好きな音楽を流してリラックス。コンセントも多く、延長コードを持参する必要はなさそうだ。

部屋にある飲み物類はすべて無料。電子ケトルがあり、お湯も沸かせる

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全41枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る