「カロリーメイト」の黄色いパッケージに込められた意味とは?全種類食べて大塚製薬に開発秘話を聞いてみた

2022年6月22日 19:21更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

【※2022年6月22日追記】
現在、本記事を流用したスパムメールが送られてくるといった情報をいただいております。当該メールが届いた場合、記載されているURLをクリックせず、削除およびブロック対応をお願いいたします。

小腹が空いた時、仕事や勉強で忙しい時など、サクッと食べることができる「カロリーメイト」。ブロックタイプ、ゼリータイプ、リキッドタイプと3種類があり、シチュエーションに合わせてどんな時でも気軽に5大栄養素(タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく摂取できるのが最大の魅力だ。

そして印象的な黄色い箱に英語で「Calorie Mate」と書かれたパッケージで、どこか“大人の食べ物”な雰囲気も。筆者も幼い頃に「いつかお腹いっぱい食べたい!」と思い、高校生になってからは授業の合間や部活の休憩中などに、フルーツ味をバクバク食べていたのが青春時代のいい思い出だ。

私たちのおなかと栄養バランスを支えているカロリーメイトだが、現在発売されているシリーズを全て味わったという人は少ないのではないだろうか。今回は現在発売中のカロリーメイトを全種類食べ比べ、レビューしてみることに。

さらに大塚製薬株式会社でカロリーメイトを担当する岩﨑さんに、まだまだ謎多きカロリーメイトの実態をインタビュー。果たして、カロリーメイトとは結局どんな食べ物なのか?商品の開発秘話や新発売した「バニラ味」の秘密に迫る!

カロリーメイトのブロックタイプ。現在発売されいている味は全部で5種類。あなたのお気に入りはどれ?


カロリーメイト大集合!まずは全種類並べてみた

食べ比べをするにあたって、カロリーメイトシリーズを全種類を取り揃えることに。その黄色い絶景を前に「カロリーメイトを一気に味わうことができる!」と、小さい頃からカロリーメイトに憧れていた筆者は最初からテンション最高潮。

机に全種類を並べてみると、同じ黄色いカラーに同じ英字のフォントの統一感が美しい。シンプルかつスタイリッシュなデザインに「あれ、こんなにかっこよかったっけ…」とうっとりしながらも、どんな味があるのかを改めて確認していく。

カロリーメイトといえばブロックタイプが代表的だが、現在はチーズ味、フルーツ味、チョコレート味、メープル味、新発売のバニラ味の5種類が販売されている。リキッドタイプはカフェオレ味、フルーツミックス味、ヨーグルト味の3種類、ゼリータイプはアップル味、ライム&グレープフルーツ味、フルーティミルク味の3種類がそれぞれ発売中だ。

2022年に新発売したバニラ味


今回、メインで食べ比べするのはブロックタイプ。袋から1本ずつ取り出すと、チョコレート味以外は色や見た目にあまり違いがないことに驚き。ほかの4種類はほとんど見分けがつかなかった。

ブロックタイプを全部並べてみた。チョコレート味以外はパッと見あまり変わらない


1本ずつ割ってみると、バニラ味やメープル味などそれぞれの香りがほのかに漂う。なかでもチーズ味がまさにチーズらしい香りを放っていて、無類のチーズ好きの筆者にはたまらなかった。なんならワインまで飲みたくなってしまう始末。

バニラ味にはチョコチップが入っているようで、これまたおいしそう。そしてメープル味にはアーモンドが入っていて、微かにナッツの香ばしい香りがした。見た目はあまり変わらなくとも、きちんと個性があるようだ。

定番のブロックタイプを実食!新星・バニラ味のお味は?

香りを楽しんだところで、いざ実食!今回は「1番人気」と言われているチョコレート味から味わっていくことに。ずっしり濃厚なチョコレートの味が口いっぱいに広がり、人気No.1も納得。カロリーメイト初心者は、まずはチョコレート味から味わってみてほしい。

次にいただいたのはフルーツ味。食べると、生地に細かなレモンピールが入っていることに気づく。成分表を見るとグレープフルーツパウダーも入っているようで、柑橘系の爽やかな甘味がとてもおいしかった。

そして香りで誘惑してくるチーズ味。食べるや否や、口のなかがチーズ一色に。いつかワインのアテにこれを食べてみようかと思うくらいだ。香りと風味を感じることができ、“チーズ感”が印象に残った。

メープル味はその名の通り、メープルの風味をたっぷり感じることができる。しっかりとした甘さと生地に含まれているアーモンドの香ばしさが相性抜群。ナッツが好きな人や普段から甘いものをよく食べる人はこれが好きかもしれない。

そして期待の新商品、バニラ味。ほかのものより甘さは控えめだが、しっかりバニラ味を感じる。生地に練り込まれたチョコレートチップがアクセントになっているのもポイントだ。そして特に感じたのは飽きの来なさ。バニラ味という子供から大人まで誰もが食べたことのあるベーシックな味わいだからこそ、クセがなく食べやすいと思った。

ブロックタイプを割ってみた。中身は種類によって結構ちがう!


“カロリーメイトらしさ”を感じたリキッド&ゼリー

ブロックタイプをたくさん食べて喉も乾いてきたころ、リキッドタイプとゼリータイプも実食。リキッドタイプは素早く栄養補給したい人におすすめ。しつこい甘さや口に残る嫌な舌触りなどはなく飲みやすい。ポタージュのような口当たりを想像してもらえるとわかりやすいと思う。

リキッドタイプは3種類


ゼリータイプは、リキッドタイプとはまた違った口当たり。さっぱりしており、アップル味やライム&グレープフルーツ味など、フルーティーなフレーバーが多いのも納得。酸味とゼリーの相性がよく、でも後味はカロリーメイトのずっしりした感じもある。飲みながら、「ただのゼリーと侮るなかれ」と言われているような感覚に。

今回、さまざまなタイプや味のカロリーメイトを試してみて、最も筆者の印象に残った味が「バニラ味」だった。学生時代はフルーツ味をよく食べていたが、大人になったのか、バニラ味を食べると「あ~これこれ」と落ち着く味わいだった。これで栄養が補給できると思うと、なんとも不思議な気分だ。

ゼリータイプは3種類


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全15枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る