【国内初、浴用商品で紙パックを実現】環境・人権に配慮したパルシステムの「地球の未来にまじめなボディソープ」ってナニ?

2022年6月18日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
浴用商品では国内で初めての紙製パッケージを実現した「地球の未来にまじめなボディソープ」

その目標が多岐にわたるSDGs。日本でも、各企業がさまざまな取り組みを始めているが、一企業がSDGsの多くの目標を実践することは極めて難しいのも事実である。そんななか、多岐にわたるSDGsの取り組みを行う生協のグループがある。それがパルシステム生活協同組合連合会(以下、パルシステム)だ。パルシステムは、首都圏を中心とした地域生協が加盟する連合会組織。主に食を中心とした商品の供給事業や、共済・保険事業、福祉、電力事業などを幅広く展開している。

創立以来、地球や地域の環境負荷を低減させるようなさまざまな取り組みを行ってきたことでもよく知られているが、今年、凸版印刷、太陽油脂と共同で「地球の未来にまじめなボディソープ」という商品を発表。今回は「環境・人権に配慮した」という本商品と、パルシステムの試みについて紹介したい。

パルシステムのSDGsへの思いが詰め込まれたボディソープ


冒頭でも触れた通り、パルシステムがこれまでに行ってきた環境に配慮した取り組みは多岐にわたる。週1回の定期的な配達によって不要な作りすぎ・買い過ぎを抑え、食品ロスの低減を実現。また、商品自体も食品として問題のない規格外品の活用や、過剰包装の抑制などを考慮し開発。さらに商品配達時に配付しているカタログや牛乳パック、プラスチック袋などを回収し、リユース、リサイクルに役立てるなど。これらはパルシステムのサステナブルな実践のほんの一部に過ぎないが、いずれも有意義な取り組みばかりである。

こういったバックボーンがある中でパルシステムが凸版印刷、太陽油脂と共同で開発したのが「地球の未来にまじめなボディソープ」という商品。浴用商品としては日本初となる紙パックを採用し、パーム油やオリーブ油を原料とし環境や人権に配慮したSDGsへの思いが詰め込まれた商品だ。本商品の注目すべきサステナブルな特徴は主に以下の3点になる。

【1】紙パックを採用し、既存品比で7割のプラスチックを削減
凸版印刷が開発したプラスチック容器から代替可能な紙パック「キューブパック」を採用。浴用製品で紙パックを使用した商品は、国内で初めてで、これによってパルシステムの既存品と比較で7割以上のプラスチック使用量削減を実現した。

【写真】「紙パック」採用で既存品と比較しプラスチックを削減


【2】産地や栽培方法の管理により、周辺環境や児童労働などへの配慮
ボディソープは、生分解性が高く環境負荷が低いといわれる石けんだが、さらにその原料となるパーム油、オリーブ油などは、環境保全や労働環境が確認された原料を採用。「森林破壊ゼロ、泥炭地開発ゼロ、森林火災ゼロ、人権侵害ゼロ」のスローガンを掲げ、パーム油の原料となるアブラヤシ(コロンビア)を生産。また、農薬にできるだけ頼らない栽培方法のほか、農園内のエリアまで生産地域を限定できるトレーサビリティを実現したオリーブ油(スペイン)を採用。この他、黒砂糖(フィリピン)や甘夏精油(日本・香川県 ※一部)なども採用し、使いやすさももちろん実現している。

パルシステムのプライベートブランドなどにも使われるオリーブ油の生産地(スペイン)

ボディソープに欠かせない「保湿成分」として黒砂糖(フィリピン)も採用


【3】宅配システムを活用した回収により、高いリサイクル率(6割以上)を実現
前述のパルシステムの宅配時における回収は、本商品も対象。使い終わった紙パックは、ティッシュペーパーやトイレットペーパーの原料としてリサイクルされる。

回収された紙パックはティッシュペーパーやトイレットペーパーの原料にリサイクルされる


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る