グランピング徹底解剖!「sotonico グランピング 山形」(山形県山形市)|1日1組限定のサウナ付きグランピング施設が山形市にオープン!

2022年10月12日 08:16更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

JR山形駅からわずか車で約15分の立地に、グランピング施設「sotonico(ソトニコ) グランピング 山形」(以下、sotonico)が22年7月29日にグランドオープン。目の前に「やまがた百名山」に選ばれた大岡山を望む自然豊かで閑静な場所にあり、1日1組の完全貸切制。快適なステイを叶えるための設備や工夫が満載だ。大注目の新グランピング施設をさっそく取材してきた。

グランピング施設「sotonico グランピング 山形」。”外+ニコニコ+行こう”というキーワードから名付けられた


【アクセス】JR山形駅より車で約15分と好アクセス

新幹線のターミナル駅でもあるJR山形駅からタクシーを使って約15分。また、JR楯山(たてやま)駅より徒歩約10分と、山形の田舎の風景を感じながらもアクセスには不便のない立地である。東北自動車道・山形北ICから車を走らせても約5分で到着。買い出ししたいものがあれば、ショッピング施設が並ぶ駅周辺やインター近くで立ち寄るのがよいだろう。

【写真】主要駅から近い場所にありながら、周囲は山々に囲まれ、自然を存分に感じられる


【コンセプト】女子会やファミリーも安心!充実の設備で快適グランピング

オーナーである鈴木啓晃(ひろあき)さんの「グランピングを楽しみながら自由にリラックスできる非日常の空間を提供したい」という想いから、「sotonico」ではゲストが快適に過ごせるようさまざまな工夫が施されている。

代表を務める鈴木啓晃さん


宿泊テントは世界高品質のCanvasCamp(キャンバスキャンプ)社製ベルテントを使用し、室内にはシモンズ製のダブルベッド、ソファや空気清浄機を完備。冷暖房付きで季節問わず快適だ。ボードゲームやモルックなどレンタル品も充実しており、プライベートな空間でのんびり過ごすことができる。

CanvasCamp社製のベルテント。夏は通気性がよく、冬は暖かなコットン素材。雨天時は繊維が膨らみ雨風から守ってくれる

ベッドは世界3大ベッドメーカーのシモンズ製で、寝心地もばっちり!

ベルテント内にはミニ冷蔵庫、床置き冷暖房、空気清浄機などが設置されている

ボードゲームも充実。雨の日も退屈知らず!

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全26枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る