【アイドルWalker・台湾編】ダンス&ボーカルグループBUGVEL・GUNO「台湾でステージに立っておばあちゃんに見せたい」

2022年11月14日 13:02更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
台湾出身メンバーのGUNO 撮影=booro/ヘア&メーク=田中文恵/スタイリスト=金野春奈/撮影協力=東京媽祖廟

誰もが特別な思いを持っているであろう、生まれ故郷に対する“ジモト愛”を語るインタビュー連載・アイドルWalker。今回は、2022年3月にデビューを果たした5人組の実力派グループ「BUGVEL(バグベル)」のメンバーを1人ずつ特集していきます。ラストを飾ってくれるのは、台湾出身のメンバー・GUNOさん。高校生の時にアーティストを目指して単身韓国へ渡り、海外での生活が長いGUNOさんが、日本で台湾を感じられるスポットへ訪れました。

【写真】都内の台湾スポットを満喫するGUNO 撮影=booro/ヘア&メーク=田中文恵/スタイリスト=金野春奈/撮影協力=東京媽祖廟

大久保駅の近くにある、道教の寺院「東京媽祖廟」 撮影=booro/ヘア&メーク=田中文恵/スタイリスト=金野春奈/撮影協力=東京媽祖廟

Facebookは高校生になってから知りました(笑)

――地元・台湾での思い出は?

僕は高1まで台湾に住んでいました。小さい時は台北市に住んでいて、今はその周りの新台北市に実家があります。横浜と新横浜みたいな感じ?違いますか?(笑)中学生の頃は、学校と家から近かった西門町という繁華街にほとんど毎日遊びに行っていました。若者が集まる街なんですが、ショッピングしたり映画を観たり、本当に何でもあるんです。家にはパソコンが無かったので、ゲームをするためによくネットカフェにも行っていました。

参拝の仕方も丁寧に教えてくれるので安心 撮影=booro/ヘア&メーク=田中文恵/スタイリスト=金野春奈/撮影協力=東京媽祖廟

――子供の頃はどんな子でしたか?

中学生の頃は、実はめっちゃ反抗期でした(笑)。まっすぐ家に帰らずに遊んでいたりしましたが、学校では静かなタイプでしたね。友達も多くはなかったし、当時はスマホもパソコンも持っていなかったから、Facebookは高校生になってから知りました(笑)。

GUNOさんは慣れた様子で参拝していました(※撮影のため、参拝の立ち位置が違っていることがございます) 撮影=booro/ヘア&メーク=田中文恵/スタイリスト=金野春奈/撮影協力=東京媽祖廟

――友達と遊ぶ以外では、どんな風に過ごしていましたか?

ただなんとなく街の風景を眺めたり、夜になったらテレビでドラマを見たりしていました。当時夜12時から「ウォーキング・デッド」が放送されていて、観ようとすると親に怒られるんですが、こっそり観ていました(笑)。めっちゃ面白かったです。

お線香を頭上に掲げ三度礼をし、心の中で名前・住所・生年月日を告げ、お願い事をします 撮影=booro/ヘア&メーク=田中文恵/スタイリスト=金野春奈/撮影協力=東京媽祖廟

お願い事が終わったら、香炉にお線香をお供え 撮影=booro/ヘア&メーク=田中文恵/スタイリスト=金野春奈/撮影協力=東京媽祖廟

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

この記事の画像一覧(全23枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る