天神・博多から車で約30分の福岡市西区!人気コーヒーショップのカフェもある公園内のキャンプ場がNEW OPEN!!

九州ウォーカー

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア
キャンプ場の利用は2022年12月1日(木)からスタート。予約は「なっぷ」で受付中だ

2012年に開園し、農業体験、バーベキュー、自然観察など、“里”の暮らしを体験できる場所として親しまれてきた「かなたけの里公園」。天神・博多地区から車で約30分とアクセスに優れた立地ながら、豊かな自然を感じられる。

そんな公園内に2022年11月26日にキャンプ場を主体とするアウトドアフィールドがオープンした。その名も「CO_YARD KANATAKE(こやーどかなたけ)」(福岡県福岡市西区金武1805-2)。福岡市内のキャンプ場はあまりなく、福岡市在住のキャンパーにとっては朗報だ。

キャンプの受付や管理を兼ねた施設内にはカフェを併設しており、共同で運営するのは福岡のコーヒーカルチャーを牽引してきたmanucoffee。深夜まで営業し、エッジが効いたイベントなども積極的に行う、アーバンスタイルのコーヒーショップが「なんで郊外に?」。その理由を知れば、「そうだったんだ」と納得!都市圏に暮らすキャンパー必見の「CO_YARD KANATAKE」。“福岡市内の公園に泊まる”体験をしてみよう。

福岡市内の公園でキャンプ!

CO_YARD KANATAKEの管理棟兼カフェ

「CO_YARD KANATAKE」ではなにができるのか。
1. キャンプ
2. カフェ利用
3. 農業体験泊
の大きく3つだ。

まずは1. のキャンプから。

油山や脊振山系を望むオートサイト

「CO_YARD KANATAKE」のキャンプ場は大きくオートサイトとフリーサイトに分かれる。車を乗り入れできるオートサイトは1区画約100平方メートルで、テント+タープ=2張り、テント+テント=2張りなど、基本は2張り+車1台が基本。2ルームテントなど大きなサイズのテントの場合、1つで2張りという計算になる。

オートサイトは1区画およそ100平方メートル

もともとの傾斜地を生かし、緩やかな棚田状の区画割りになっている。ロケーションはどこもほぼ変わらない全15区画。

【写真】フリーサイト。北側には金武地区のシンボル、飯盛山がそびえる

車を乗り入れできないフリーサイトは管理棟兼カフェの建物のすぐ目の前で、広さは約1650平方メートル。1日最大15組の利用を想定しているそうなので、1組約100平方メートルを利用できるという計算に。車を乗り入れないことを考えると、かなりゆったりとレイアウトできそうだ。こちらもオートサイトと同じく、テント+タープ=2張りが基本。フリーサイトは3張以上利用する場合は追加でもう1区画の予約が必要となる。なお、オートサイト・フリーサイト共に基本料金で6名まで、7名以上は1名あたり追加1100円。最大11名までだ。

炊事棟。蛇口とシンクは計4つでお湯は出ない

キャンプ場をオープンするにあたり、炊事棟を新設。火の利用はできない造りで、食材を切ったり、食器を洗ったりするのみの使い方となる。

トイレは男女ともに洋式。設備もキレイなのは高ポイント

トイレはもともと公園既存のものだが、男女ともに洋式で、清掃が行き届いており、とてもキレイ。多機能トイレも用意している。

暗証番号式のシャワー室

入浴施設は共用のシャワー室のみ。ドライヤー完備の全3室があり、キャンプ場滞在中の利用は1組500円とリーズナブルなのはうれしい。シャンプーやリンス、ボディソープなどのアメニティはないので、要持参。管理棟でも販売を予定している。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全17枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!2024年の桜開花予想はこちら

ページ上部へ戻る