「ピエール・エルメ・パリ」とザ・リッツ・カールトン大阪がコラボ!マカロンの魅力を堪能しつくすアフタヌーンティー体験レポ

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ザ・リッツ・カールトン大阪1階の「ザ・ロビーラウンジ」では、「ピエール・エルメ・パリ」とコラボした「『ピエール・エルメ・パリ』アフタヌーンティー サマー」(7400円、グラスシャンパーニュ、ピエール・エルメ・パリのマカロンギフト付きは1万2500円)を9月18日(月)まで提供中。

創造性あふれる5種のスイーツと2種のスコーン、そしてザ・リッツ・カールトン大阪の総料理長・アンドリュー氏が監修した4種のセイヴォリーを楽しめる。

早くも話題となっているこのアフタヌーンティーを、ウォーカープラス編集部員が早速体験。魅力を余すことなくご紹介!

ときめきが止まらない!ピエール・エルメ・パリとの限定コラボアフタヌーンティー


マカロンを用いた4種のスイーツが登場

今回のアフタヌーンティーで特に注目すべきは、ピエール・エルメ・パリの代名詞でもあるマカロンを、さまざまな形で味わえること。ティースタンドの1段目に乗せられたスイーツには、グラスデザートを除く3種にマカロンを用いているそう。

パッションフルーツとクリームチーズ、オレンジがさわやかな、グラスデザートの「エモーション サティ―ヌ」。すべての層を一度にすくって味わうのがおすすめ


バラの花びらがあしらわれた「プティフール イスパハン」は、マカロンの外側の「コック」を土台に使用。フランボワーズとライチの風味がバラのクリームと混ざり合い、なんとも優雅なハーモニーを奏でる。

「チーズケーキ セレスト」はパッションフルーツとルバーブ、そしてイチゴの甘酸っぱさがたまらない一品。ちょこんと乗った「コック」の食感がいいアクセントになっている。

ビッグサイズのマカロンのようなビジュアルが愛らしい「フェリシア」は、ヘーゼルナッツ入りプラリネとレモンの酸味が絶妙にマッチする。

大きなマカロンのような「フェリシア」はピエール・エルメ・パリのロゴもポイント


ティースタンドの3段目には、ザ・リッツ・カールトン大阪限定のマカロン「マカロン ローズ ボンボン」が。さわやかなイチゴの風味とローズの上品な香りに、編集部員は一口目からうっとりしてしまった。


なお3段目にはピエール・エルメ・パリが監修した2種のスコーンも。そのままでも十分美味しいが、初夏の爽やかさを感じる梅のコンフィチュールやクロテッドクリームを乗せるとまた違った味わいが楽しめる。

ピエール・エルメ・パリ監修のスコーンは、「アンフィニマン ショコラ」と「シトロン」の2種

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全13枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る