食事とショーを一度に満喫!TDSレストランに“海賊楽団”が登場

2017年8月3日 18:14更新

東京ウォーカー(全国版) 水梨かおる

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京ディズニーシーでは8月31日(木)まで、夏のスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を開催中。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの世界観を、パークのさまざまな場所で楽しめる。

愉快な海賊楽団のメンバーが、歌と演奏、楽しいトークで盛り上げる

愉快な海賊楽団のメンバーが、歌と演奏、楽しいトークで盛り上げる
(C)Disney

すべての画像を見る(10件)

同イベントをとことん楽しみたい!という人は、食事の時間も海賊たちと一緒に過ごしてみるのはいかが?今回紹介するのは、ロストリバーデルタにあるレストラン「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」で実施されている、期間限定のショー「パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ」だ。

「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」は、タコスやトルティーヤといった、メキシコ料理を味わえるレストラン。この夏、そんな同店にバルボッサ海賊団のメンバーで結成された“海賊楽団”が来店!店舗1階の通路を利用し、歌と演奏による賑やかなショーを繰り広げる。

「ヨーホー!」と声を合わせて、パーティーを楽しもう

「ヨーホー!」と声を合わせて、パーティーを楽しもう(C)Disney

店内にはドクロが描かれた旗などが飾られ、さながら海賊たちが集う酒場のよう。そこに7人の海賊楽団がやって来れば、楽しいパーティーの始まりだ。音楽に乗せて手拍子をしたり、テーブルを叩いたり、グラスを胸の前で揺らしたり…。海賊流の盛り上げ方は、ちょっぴりワイルド!ショーの途中では、指名されたゲストが楽器を鳴らし、演奏に参加する場面も用意されている。

【写真を見る】美しい女海賊が奏でるバイオリンに惚れ惚れ!

【写真を見る】美しい女海賊が奏でるバイオリンに惚れ惚れ!(C)Disney

さらに、海賊楽団のメンバーによる、華麗なソロも見どころの1つ。ショー後半ではギターやバイオリン、アコーディオンなど、楽器担当の6人が店内に散らばり、自慢の腕前を披露!最後は全員で元気よく「ヨーホー!」と叫び、海賊たちのパーティーは幕を閉じる。

本格的な生演奏と歌、愉快なトーク、そしてライブ会場さながらの一体感は、体験する価値大いにアリ!老若男女問わず楽しめるはずだ。「パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ」の公演時間は、約25分間。ショーの実施時間は公開されておらず、午後に1日5~6回行われている。

「スペシャルセット」(1580円)。骨付きチキンレッグやシュリンプ、チョリソーなどを盛り合わせた「パイレーツコンビプレート」とソフトドリンクのセット

「スペシャルセット」(1580円)。骨付きチキンレッグやシュリンプ、チョリソーなどを盛り合わせた「パイレーツコンビプレート」とソフトドリンクのセット(C)Disney

なお、同店では「ディズニー・パイレーツ・サマー」に合わせたスペシャルメニューも提供中。東京ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」に登場するガイコツたちをイメージした「スペシャルセット」(1580円)など、インパクト抜群のメニューが登場している。16時以降限定のアルコールドリンクや、おつまみにぴったりの“パイレーツプレート”も用意されているので、こちらもぜひお見逃しなく!【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る