コーヒーで旅する日本/九州編|正統じゃなくていいと教えてくれる、肩透かしの説得力。「喫茶 銀杏の木」は今日も心地よく

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

全国的に盛り上がりを見せるコーヒーシーン。飲食店という枠を超え、さまざまなライフスタイルやカルチャーと溶け合っている。なかでも九州・山口はトップクラスのロースターやバリスタが存在し、コーヒーカルチャーの進化が顕著だ。そんな九州・山口で注目のショップを紹介する当連載。店主や店長たちが気になる店へと数珠つなぎで回を重ねていく。

テーブル、カウンターに置かれた本や雑誌を片手にのんびり

九州編の第97回は福岡市下呉服町にある「喫茶 銀杏の木」。福岡市六本松の名店・COFFEEMANにて約4年働き、店長まで務めた女性店主が営む喫茶店だ。使っている豆はもちろんCOFFEEMANのもの。その情報だけ聞くと、いかにもコーヒーを一本の太い柱に据えた正統派の店だと勝手に想像してしまうが、ちょっと違う。もちろんコーヒーにもこだわっているが、あくまで店を構成する要素のひとつでしかなく、主役は同店を訪れる人であり、大切にしているのは交流や会話。店主・篠原美波さんが“喫茶”に込めた想いに触れてみたい。

店主の篠原美波さん

Profile|篠原美波(しのはら・みなみ)
福岡県福岡市出身。埼玉で暮らした20代前半、喫茶店で読書などを楽しむ時間に居心地のよさを感じ、福岡に戻ったあと、かつて新天町にあった喫茶店「銀杏の木」で働き始める。2年間働き、同店が閉店したことを機に、townsquare coffee roasters(店舗営業は現在、終了)に就職。エスプレッソの抽出技術を磨き、スペシャルティコーヒーの知識を深めた。その後、オープンしたばかりのCOFFEEMANでアルバイトを始め、正社員に。約4年、店に立ち、独立。もともと客として通っていた馬肉料理店の営業時間外を間借りする形で、2020年(令和2年)11月、「喫茶 銀杏の木」をオープン。

博多旧市街で朝食を

店があるのはマンションの1階

“しのみさん”“しのみちゃん”――、店主・篠原美波さんのあだ名だ。常連のほとんどがその名前で呼んでいるのが「喫茶 銀杏の木」の家庭的な雰囲気をよく表している。店があるのは大博通りから少し路地に入ったマンションやアパートが建ち並ぶ一角。車で通るもそれらしい店はなく、近くのコインパーキングに車を停めて歩いて探す。あった。入口に小さく掲げられた「銀杏の木」の手書き文字。ただ、目印なら「馬焼 ひだりうま」と彫られた木の看板を頼りにしたほうがいいかもしれない。

カウンターもテーブルも掘りごたつのような造り

「喫茶 銀杏の木」は間借りスタイルで、夜営業している「ひだりうま」を借りて、朝〜昼過ぎだけやっている喫茶店。朝8時から営業しているだけあって、みんなが楽しみにしているのがモーニングだ。定番のモーニングセットはバタートースト、半熟卵、コーヒーが付いてなんと500円。

喜界島シュガーセット(700円)。喜界島さとうきび粗糖の優しい甘みとバターの塩気が合う

「私の場合、モーニングを提供したくて喫茶店をやっているようなもの。福岡はモーニング文化がほとんどないですが、朝から営業している店があってもいいかなと思っていて。実際、一番店が忙しいのはモーニングセットを出している8時〜11時ですね」と篠原さん。一番人気を聞いてみると、喜界島シュガーセットだという。早速注文してみる。

抽出はハンドドリップのみ。ブレンドコーヒー1杯400円と良心的な価格だ

コーヒー豆は独立する前まで勤めていたCOFFEEMANのもの。中煎りの「5・0」、中深煎りの「6・4」、深煎りの「7・3」の3種類を用意し、基本的に日替りで豆を使い分けている。たとえば、今回注文した喜界島シュガートーストにはフルーティーな酸が心地よい中煎りをペアリングしてくれた。もちろん普遍的な味わいを大切にしているCOFFEEMANの豆だけにどの焙煎度合いのコーヒーでも、合わせるフードは選ばないが、そのなかでも篠原さん的に好相性だと考える豆をセレクトしている。

独立する際は「絶対にCOFFEEMANさんの豆を使いたかった」と篠原さん

「エイジングの状態など、その日ベストな豆を選ぶのが基本ですが、喜界島シュガートーストは優しくて丸みのあるテイストの5・0ブレンドを合わせることが多いです。普通、コーヒーにこだわっている店の場合、豆が選べることが強みになりますが、個人的に理想としているのは、めちゃくちゃコーヒーにこだわってます!というスタイルではなく、思い思いの時間を楽しむことができる空間であること。townsquare coffee roastersさん、COFFEEMANさんで学ばせていただいた専門的な知識もできるだけ活かしたいと考えていますが、やはり私の原点は喫茶店であり、この業界の入口になった新天町の『銀杏の木』。働いた期間は約2年と長くはなかったのですが、マスターとママさんの2人で作り上げていた、不思議と居心地のよい空気感を再現したい。そんな想いもあり、屋号を使わせてただいています」

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全12枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!2024年全国で開催予定の花火大会

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る