【抹茶ラブ】大粒のわらび餅が主役!「ぎをん 小森」のわらびもちパフェ

2017年9月29日 16:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ぎをん 小森」名物のわらび餅を使ったボリューム満点のパフェは、発売当時は夏季限定だったものが今や定番、一番人気のメニューに。特徴的な丸い上部は宇治抹茶を使った、たっぷりの抹茶アイス。わらび餅と両方味わえて大満足間違いなし!<※情報は関西ウォーカー(2017年9月5日発売号)より>

香ばしい名物わらび餅には黒ミツと抹茶も相性抜群

「わらびもちパフェ(黒みつ付き)」(1550円)/ぎをん 小森

全ての画像を見る(4件)

「わらびもちパフェ(黒みつ付き)」(1550円)。大粒のわらび餅が4個も中に。黒ミツをかけるのでコクのある甘味が抹茶の苦味を引き立てる。

【パフェの中身】バニラアイス、抹茶アイス、わらび餅、あんこ、抹茶シフォン、抹茶ゼリー、栗、寒天

【写真を見る】厳選したわらび粉を練り上げたわらび餅/ぎをん 小森

厳選したわらび粉を練り上げたわらび餅。焦がしきな粉をまぶしてあり、香ばしさは格別。

「抹茶アイスはボリューム満点ですが甘さは控えめ。柔らかなわらび餅にはきな粉を合わせて香ばしい風味を加えています。最後は抹茶ゼリーの苦味と寒天のみずみずしさでさわやかさを感じて食べ終えられる構成です」と、店主の永田久晶さん。

わらび餅をおみやげにも

「抹茶わらびもち」(12個入り950円)/ぎをん 小森

「抹茶わらびもち」(12個入り950円) ※写真はテイクアウト。イートインは1200円(7個入り)。

京町家を使った風流なお座敷空間/ぎをん 小森

京町家を使った風流なお座敷空間。写真は2階。入口横にはわらび餅などの販売スペースも。

■ぎをん 小森<住所:京都市東山区祇園新橋元吉町61 電話:075-561-0504 時間:11:00~20:00(LO19:30) 休み:水曜 席数:112席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:京阪祇園四条駅より徒歩5分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る