【抹茶ラブ】底に敷いた抹茶ソースが超濃厚!「永楽屋」の抹茶パフェ

2017年9月28日 17:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「永楽屋 喫茶室」は、1946(昭和21)年の創業より、辛いもの(佃煮)と甘いもの(和菓子)を販売する人気店。2階にある喫茶室では、今年リニューアルして抹茶感が倍増した抹茶パフェのほか、ぜんざいやあんみつなど、さまざまなオリジナルの和スイーツが楽しめる。<※情報は関西ウォーカー(2017年9月5日発売号)より>

こだわりのソースが加わり抹茶の濃厚さがさらに倍増

「楽・抹茶パフェ」(1080円)/永楽屋 喫茶室

全ての画像を見る(4件)

「楽・抹茶パフェ」(1080円)。特製の玉露アイスや宇治抹茶ゼリーでお茶感抜群。刻み栗や白玉も入り、食感や味が多彩に変化。

【パフェの中身】玉露アイス、麩焼きせんべい、宇治抹茶ゼリー、特製白玉、ハト麦ほうじ粒、バニラアイス、宇治抹茶ソース、刻み栗、粒あん、寒天

【写真を見る】宇治茶100%の上質茶葉を使用した抹茶ソース/永楽屋 喫茶室

京都の茶匠による宇治茶100%の上質茶葉を使用した抹茶ソース。まろやかで力強い味わい。

「底に敷き詰めた抹茶ソースは、お茶作りひと筋190余年の老舗、京都『井六園』の抹茶を使用しています。香り豊かな玉露アイスに始まり、寒天にかかった抹茶ソースまで、宇治抹茶の魅力を存分に楽しめますよ」と、スタッフの嶋田優海さん。

かき氷もまだまだ人気

夏季限定の「宇治金時氷」(1080円)/永楽屋 喫茶室

きめ細かいフワフワ氷に特製宇治ミツをかけた夏季限定の「宇治金時氷」(1080円)。9月30日(土)まで。

開放感抜群の吹き抜け風の空間/永楽屋 喫茶室

開放感抜群の吹き抜け風の空間。1階では、佃煮や菓子などおみやげに最適な商品を多数販売。

■永楽屋 喫茶室<住所:京都市中京区河原町通四条上ル東側 永楽屋本店2F 電話:075-221-2318 時間:12:00~19:00(LO18:30) 休み:なし 席数:52席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅よりすぐ>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る