保温の次は補正!ユニクロが「スタイルアップインナー」発売

2010年2月4日 14:32更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

カジュアル衣料品ブランドのユニクロが4日、都内で今春から発売する新女性用インナー「スタイルアップインナー」の発表会を開催した。これまで保温性のある「ヒートテック」、ブラカップ付きの「ブラトップ」とインナーの開発に力を注いできた同社。新作のコンセプトは“美しいスタイルを保つ”インナーだ。

「スタイルアップインナー」は締め付け感がなく、着用すれば背筋が自然と伸びて“美姿勢”を保つサポートをすることが最大の特徴。開発の理由は、ヨガやピラティスがブームになったように、女性の“美”への意識が“やせる”ことから“スタイル”へと関心が移ったこと。「矯正下着とは違い、“快適さ”を重視しているので、長時間でもストレスなく着られます」と、ユニクロ取締役COOの大苫直樹さん。

同商品はキャミソールとショーツの2種類。「スタイルアップキャミソール」はバックをクロスした編み地で背筋のラインを美しく保ち、立体設計でバストラインを美しく見せる。また「同 ショーツ」はヒップラインをアップさせ、腰回りや太ももをサポートしてすっきり見せる。気になる価格は、それぞれ1000円という手頃さ。糸から開発し、量産することでこの価格を実現したという。

現在、インナーが商品全体の約25%を占める同社。この新商品の開発には1〜1年半を費やし、何度も試験を重ね、編地の工夫により快適なフィット感を作り出した。秋・冬のヒートテックに対し、薄着となる春・夏の“機能性インナー”として売り込むことが狙いのようだ。

スタイルアップインナーはキャミソール、ショーツそれぞれブラック、ベージュ、パープル、ブルーの4色、M/L、L/XLの2サイズで展開。昨年末から一部で先行発売されていたが、2月上旬から全国で販売される。ヒートテックに続くユニクロの新たな顔となるか、注目したい。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る